ここ数日ちょっと体調不良。

私が。

 

いったん始まると何が原因なのかなかなか落ち着かない私の胃腸。

 

食べたり飲んだりしたものはほとんど身になる時間もなく

さらりんと通り抜けてゆく。

たまに逆走。

 

そしてそれにめまいがプラスされ、

起きて動くこともままならなくなってしまう。

 

ああつらい。

 

こんなに天候がいいのに

暑くも寒くもなくて公園日和なのに

さくらを外へ連れて行ってやれない。

 

「おしょと~ おしょといく~」

 

「おか~しゃん おきて~」

 

と悲しげな声で言われるとなおつらい。

 

 

 

そんな日曜日。珍しく夫が休み。

予定もないらしい。

 

なぁなぁ、最近公園に連れてってやってないからさ。

ちょっとさくらを連れて散歩にでも行ってきてくんないかな。

 

「んー?ええよ。」

 

「よっしゃ!お父さんと公園行こうか!」

 

「いくー!」

 

という会話の後、何事もなかったかのようにTVを見続ける夫。

 

 

怒ってはいけない。夫に悪気はない。

公園には行くけどそれは夫にとって今じゃないだけだ。

 

でもあまり待っているとさくらが眠くなってしまうので

やんわりと「今!」を伝える。

 

それから3回くらい同じ会話をして。

更に1時間後にようやくどっこいせと着替えを始める。

 

自分の用事以外はまぁだいたいこんなもんです。

 

 

今日は休みで人が多いと思うから目を離さないで。

公園の外に出ることもあるから。

知らない人についていくこともあるし。

 

「んー」

 

大丈夫かいな・・・

 

でもまぁ、いってらっさい。

 

 

 

ちくたく1時間半後(早いな)

 

 

「おっかーしゃーん!」

 

という元気なさくらの声がマンションの廊下から聞こえてきた。

 

ほっ 生きて戻ってきたか。

 

おかえりー。

 

とドアを開けたら我が家のドアをすっかり行き過ぎてたさくらが

反対側から走ってきた。

 

まさか我が家をまだ覚えてないとか・・?

 

楽しかったかい?

 

「あー。疲れた。元気やなーほんまに。

ジャングルジムとうんていが一緒になったようなやつあるやろ?

あれもう大丈夫やねんなさくら。」

 

と夫の第一声。

 

へ?

 

それって結構高い位置にあるうねうねしてる

アスレチックみたいなジャングルジム?

 

足踏み外したら前歯とか折れそうなあれ?

進めないーってなっても大人は助けに行けないあれ?

 

「そうそう。でも上手に行きよんでー

もっと大きい男の子なんか途中で泣いてんのにさ。

なぁさくら。上手にすいすい行ったもんなー」

 

あ、あんたあれにさくらを上らせたんですか!

あんただって手が届かないでしょうに!

途中で固まったらどーすんの!

あなたの体の大きさだと絶対に入れないよね!

足滑らせたらどーすんの!

 

「あー。1回足滑らせたぞ。」

 

ひぃぃぃぃ

 

「でも手でしっかり握ってたから大丈夫やったぞ。

手は届かへんけど落ちたら受け止めるし。

一応下で手を広げて見てたから。」

 

・・・・

 

そうか。

 

ずっとずっと上りたがってたあれにとうとう上ったのか。

しかも上手にできたのか。

 

 

でも、でも、でも、

 

私と2人の時はやっぱり無理だー。

 

お父さんと一緒の時限定ね。

だってさくらが落ちてきても受け止められる自信がないし、

それに下から見てるのも心臓に悪すぎるわ。

 

でも、まぁ、よかった。のか?




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link