マイナスの言葉を使わない(年少)

さくらは「嫌い」とか「おいしくない」とか

そういうマイナスの言葉を使いたがらない。

使う時は本当によっぽどな時だ。

今日は幼稚園でひなまつり会があったので

雛あられのお土産を持って帰ってきた。

おやつに一緒に食べようか。

「さーちゃん黒いの食べる。黒いのだーいすき!」

黒いの?ああこれか。

「お母さん黒いの食べてみて。おいしいよ。」

ありがとう。

「ね。チョコの味がするでしょう?」

うん。チョコだね。

お母さんが小さい頃はチョコの雛あられなんかなかったな。

チョコだけのがあれば買うのに。

「さーちゃんもチョコすき♪」

とかなんとか言いながらどんどん食べるので

お父さんにも置いといたら?

せっかく幼稚園からもらってきたんだから。

と提案すると、色が付いたあられを次々と食べて

白い雛あられだけを残していた。

白いのは味がないからおいしくないの?

「おいしいよ!白いのもおいしいよ!

ただ一番最後に大好きなだけだよ!」

・・・

要するにおいしくないんだよね?

「おいしいよ!おいしいって!」

そか。一番最後に大好きなのか。

すごい言い回しだな。

で、お父さんの雛あられは全部白。




 応援クリックありがとうございます

現在の日記はメルマガで→メルマガ登録