自閉症のカミングアウト(年中)

親戚のお寿司屋さんで

義母さんとさくらとお昼を食べていると

「夏休みにはまた田舎に帰るんか?」

とご主人に聞かれた。

すると義母さんが

「それがなぁ、すぐには帰られへんねんて。

なぁ。幼稚園から言われて行かなあかんとこがあんねんなぁ。

あんたから説明したって。」

と私に振ってきた。

私の親戚ならともかく、義母さん方の親戚だから

どこまで詳しく説明したらいいか分からないし

義母さんにもまださくらに障害があるなんて言ってないし(きっと寝こむから)

目の前ではさくらがおいしそうにたまごのお寿司食べてるし

どうしろってのー。

えーっと

さくらは幼稚園でも有名な問題児で、教室に入らないとか

先生の話聞かずに走り回ってるとか、なんかすごいから

ちょっと専門家に見てもらってきてくださいって言われたんですよ。

(ってそれはもう終わってあっさり診断されちゃったんだけどね)

「ほーん。ここで見てる限りではそんな風には見えへんけどなぁ。

ちゃんと座って食べてるし。よー喋るしなぁ。

お箸もうまいこと持つやんか。」

まぁそうなんですけどね。

「最近の幼稚園はなんやうるさいんか?

自閉症とかあるけど、そういうの心配して言うてんのか?

でもこの子は全然大丈夫やわ。あははは」

あー、ははは。

「なぁ。おっちゃんのお寿司おいしいか?」

「うん!さーちゃんたまごだーいすき!

やらわかくて おいしーね!」 ←やわらかいと言えない

「ほうかほうか。それ食べたらお菓子もあんで。

あんこすきか? 飴ちゃんの方がええか?」

と、お寿司の後に和菓子を食べてさらに飴までもらってるさくら。

義母さんはご主人の話にいちいち「うんうん」と頷いている。

さくらはその自閉症なんだけどね。

見た目には「落ち着きがないけど明るく元気でよく喋る子」

という感じなんだろか。

カミングアウトの時期が難しいな。

まぁ言わなくても済むならそれに越したことはないのかな。