「 2018年02月 」一覧

カメちゃん(年少)

 

「幼稚園の教室にね カメちゃんがいるんだよ。

さーちゃんねー 触りたかったんだけど難しかったの。

でも外に出してもらったら触れたの。

カメちゃんのこうらに触れたんだよ。」

 

「さーちゃん カメちゃんの絵をかーこぉっと!」

 

で描いたのがこのカメの絵。

 

幼稚園の教室で飼っているカメは1匹のはずなんだけど

なぜかさくらの絵には3匹。

しかも1匹は産卵中なんだそうだ。

 

カエルじゃないんだからそんな大量に・・・

 

 

で、そのカメちゃんの名前は何て言うの?

と何度も聞いたんだけど

 

「カメちゃん! 名前はカメちゃんなの!」

 

「だからカメちゃんだってば!」

 

「カーメーちゃん!」

 

とその度に言うので、

 

まだ名前を覚えてないんだろうなー。

もっとちゃんとした名前があるんだろうに。

先生の話を聞いてないんだろうか。

 

と思っていたら、5月の園便りに

 

「ことり組のカメの名前は”カメちゃん”です」

 

って載ってたよ。

 

わお。疑ってすまんさくら




 応援クリックありがとう!

幼稚園の家庭訪問(年少)

 

幼稚園の家庭訪問の日。

 

さくらがどうして毎日毎日あんなに汚れて帰って来るのかが判明した。

2人の担任の先生がやってきて事の詳細を教えてくださった。

 

簡単に言ってしまうと、さくらが教室に入るのは

「朝カバンを置く時と、帰りにカバンを取る時。」

だけなんだそうだ。

 

なんじゃそりゃー

 

バスから降りていきなり遊び始めるさくらをなんとかなだめて

教室にカバンと帽子を置かせると上靴のまま園庭にダッシュ。

 

靴や靴下が汚れて気持ち悪くなると

そこらへんにぽいっと脱ぎ捨てて裸足でダッシュ。

 

朝の会が始まって全員教室に入っているのに

「さーちゃんまだ遊ぶもーん」と1人だけ遊具で遊んでいる。

 

先生はちっともさっぱり怒らないらしいので

さくらはやりたい放題の野放しチンパンジー。

 

でも担任の先生は教室にいなければならないので

手のあいた主任先生がずっと見てくださっているらしい。

 

・・・すみません

 

ちなみに先日娘が噛み付いたってのが

さくら専属のようになってくださっている主任先生。

 

・・・すみませんすみません

 

さらにさくらは水を使った遊びが好きなようで

勝手に園のホースを持ち出して砂場や園庭を水浸しにして

そこにダイブして「およいでるのー!」とかやるらしい。

 

やはりか!あの泥汚れはそうでもしないと無理だよな!

分かってたさ!あはははは!

 

 

言うことを聞かないだろうなとは思っていたけど

教室にさえ入らないとは予想外だった。

 

 

先生方は「どうやって育てたのか。家ではどうなのか。」

を大変知りたがって(そりゃーそうだろう)

色々色々色々質問されまくった。

 

去年同じ先生が担任だったバス停のママさんには

 

「あの先生ね~ こっちが質問しないとほとんど何も言ってくれないから~

質問とか考えておいた方がいいよ~」

 

と言われていたんだけど、こっちが質問する暇なんかまったくない。

 

 

包み隠さずそのままを回答したけど、

それでどう思われたのかは私には分からない。

 

 

それから制服の汚れ具合がすごすぎて大変という話をしたら

 

「体操服を持たせてください。こちらで着替えさせます。」

 

と言ってくださった。

 

・・・重ね重ねすみません

 

 

こんなにこんなにこーんなに問題児だというのに

 

「困りますねー。どういうしつけされてるんですか!」

「家でもびしっと言い聞かせてくださいよまったく!」

 

という雰囲気はまったくさっぱりなく(本音はそうだろうけど)

 

「私どもでゆっくり園になじめるように努力いたします」だの

「まだまだ始まったばかりですから、徐々に教室に誘うようにします」だの

 

甘っちょろいったらありゃしねぇ。

そんなんで本当に集団行動が取れるようになるんだろうか。

 

甚だ不安だ。

 

あ、いや、担任がではなくもちろんさくらが。

 

 

更にこんなに悪行が目立つというのに

 

「粘土はものすごくやりなれてる感じがしました。」

「いきなり初日に恐竜作ってましたよ。粘土上手ですね。」

 

とか

 

「絵本や紙芝居の時は教室に入ってちゃんと座れるんですよ。」

「絵本大好きなんですね。」

 

とか、褒めどころも見つけてくれていた。

(ちゃんと座れるんですよ。が褒めどころなのかはさておき)

 

幼稚園の先生って尊敬に値するな。

 

 

先生方とは玄関で立ったままのお話だった。

何度も部屋に入って座って話をしようと誘ったのに

 

「いえいえ、ここでお話させていただきます。」

「いえいえいえ、こちらで結構ですので。」

「いえいえいえいえ、このままで。」

 

って狭い狭いマンションの玄関に3人・・・

 

園の方針かもしれないけど、長々話すのに変だろうよ。

最初からうちの予定時間はたっぷり取ってあったんだろうし。

大きな家とかならともかく、5歩で座れるんだぞ。

部屋に入って座って話そうよ。私がしんどいじゃないか。

 

 

一通り話し終わって、来週から始まるお弁当のこと。

先生は座って食事が出来るのか、その前に教室に入れるのかを心配していた。

私も心配だ。

 

再来週にある親子遠足のこと。

先生は迷子になるんじゃないかと心配していた。

私も心配だ。

 

の注意事項を言ってから帰られた。

 

 

ありがとうございます。

お手数おかけします。ご迷惑おかけします。

よろしくお願いします。

 

深々お辞儀ー。

 

 

ちなみに、当の本人はお昼寝中。

 

 

***

 

 

よし。遊ぶ前に体操服に着替えさせてくれると言ったぞ。

 

明日は忘れないように体操服を持たせよう。

1枚じゃない。2枚だ。2枚持たせよう。

 

それから体操服も追加注文しておいた。

2枚とも汚れたら洗い替えがあった方がいい。

夏服だって2枚じゃ無理かも・・・

 

あとやっぱり冬の制服もう1枚欲しい!

 

で、幼稚園に電話をしたんだけど

事務員さんたらさくらを覚えていて(既に園全体で有名な問題児なんだろう)

 

「ああ、ことり組のさーちゃんですね。

毎日元気に走り回っていますよー。

 

え?制服の追加注文ですか?

でも後1ヶ月で夏服になりますからねー・・・

制服は在庫がないので注文になるので、一応注文はしますけど。

なかなか入らないようならキャンセルしますね。

 

園のお着替え用でよければどんどんお貸ししますから大丈夫ですよ。」

 

 

と言ってくださった。

ありがとうございます。

 

 

***

 

 

実はさ、幼稚園に入ったばかりってみんなこうなのかなって。

ほら、バス停にさくらしか年少がいないからさ、

泥遊びとか激しくてお着替えする子はいっぱいいて

さくらもその中の1人なのかなって。

 

大きな間違いでした。ははは




 応援クリックありがとう!

ブラウスが破れてる(年少)

 

肩につける手作りの名札付け。

毎日の付け替えで生地が破れないようにと、

安全ピンが直接皮膚に当たるのを防ぐために作ってみた。

 

市販の白のバイヤスをくるくるっと三つ折にして

これまた市販のモチーフを縫い付けただけ。

 

簡単だしかわいい。

満足満足。

 

のブラウスが破れていた。

ポケットの部分がびろ~んと。

 

 

 

さらにこの汚れ具合がお分かりだろうか。

手もみ洗い+洗濯機で洗った後でこれ。

破れたポケットの中まで汚れているということは

破れながらもさらに遊び続けてたんだろう。

 

入園してまだ2週間なのに。

お弁当も始まってなくてお昼前に帰ってくるのに。

 

 

 

さくらが幼稚園に入ってからというもの

私の一番の仕事は「洗濯」

 

幼稚園の用意の手伝いでも、遠いバス停までの送り迎えでもなく

毎日毎日の「洗濯」!

 

せーんーたーくー!

 

幼稚園でいったい何をしているんだろうか。

どうやったらここまで汚せるんだろうか。

砂場や園庭に水をまいてスライディングでもしてるんだろうか。

泥水の中で泳いでるんだろうか。

足じゃなくてお腹や背中で歩いてるんだろうか。

 

ってくらい制服の泥汚れは凄まじい。

 

 

今日は今までで一番すごかった。

なにせ朝着て行ったものを何一つ身につけて帰ってこなかったのだから。

 

上着とスカートとブラウス、それにパンツとアンダーパンツ。

靴下にいたるまですべて水洗いされてカバンに入っていた。

通園靴は園に干されているらしく

お着換え用の園の靴を履いて帰ってきた。

 

さくらが着て帰ってきたのは園にあるお着替え用の制服。

上から下からパンツまで全部借りてますな。

 

帰って洗濯。

洗濯機なんかじゃ到底落ちないので手もみ洗い。

 

洗面所で1人孤独にごしごしごしごしごしごし

洗っても洗っても取れやしない。

 

だって泥汚れ用の洗剤なんかうちにはないんだもの。

 

 

汚れはちっとも取れないけど私の手の皮がなくなってきた。

痛い。ヒリヒリする。もう無理。

 

そのままお湯につけて今度は押し洗い。

何度もお湯をかえて押し洗い。

最後に浸けこみ2時間。

 

もう大丈夫だろうと洗濯機で洗ったんだけど、

いつもの環境に優しい洗剤じゃなくて「泥汚れや皮脂に強い!」と書いてある

合成洗剤を買ってきて洗ったのに

 

取れてなーい!

 

 

 

夏服になるまで後1ヶ月もある。

2週間でこれなのに後4週間もある。

 

ブラウスとスカートを買い足そうかな。

夏服は2枚頼んだけど4枚くらいにしてもらおうかな。

 

それより制服じゃなくて体操服で遊ばせてくれないかな・・・




 応援クリックありがとう!

制服が1枚じゃ足りない(年少)

 

幼稚園のバスから降りてきたさくらがなんだか白く見えた。

 

え?なんで白いの?とよく見ると

 

靴からスカートから制服から顔や頭まで泥んこ。

それがかっぴかぴに乾いている。

 

何をしたらこんなになるんですか。

 

「お砂場でねー ソフトクリーム作ったのー!

お水でするとねー 固まるんだよー!

そしたらすっごくおいしいんだよー!

おおーきなおおーきなお砂場だよー!

ちゃっぷちゃっぷってするのー!」

 

ちゃっぷちゃっぷ?

 

(後にこれはさくらがホースを勝手に引っ張ってきて

砂場に大量の水を撒いて遊んだことが判明した)

 

 

先生が気を使って袖は肩の方まで捲り上げられてはいるけど

スカートはどうしようもないよな。

しゃがんだだけで地面についちゃうもんな。

 

で、お洗濯。

 

泥汚れは落ちないのでまず手もみ洗い。

汚れが目立たない柄が邪魔をして落ちてるのかどうか分からない。

じっと目を凝らすと柄でめまいがして気分が悪くなる。

それでもがんばってごーしごーし。

 

その後、洗濯機でガーガー。

 

・・・・落ちてない。

 

 

この制服を3年間着ろって?

んなもん無理に決まってんじゃんよ。

なんで110cmなんか買っちゃったんだろう。

採寸のおじさんなんかに負けないで100cmを買えばよかった。

1枚じゃなくて2枚買えばよかった。

 

だって袖の折り返し口が既に茶色いんだもの。

これもう袖を伸ばしてなんか着れないよ。

 

あうう

 

 

靴下なんか白いのを履いて行ったはずなのになぜか茶色で、

しかもカバンの中にはもう1枚茶色の靴下が。

先生が洗ってくれたらしいんだけ水洗いごときじゃ落ちてない。

 

それを手にはめてがっしゅがっしゅと擦り洗い。

何度か繰り返してもやっぱりうっすら茶色は残る。

 

「だいじょーぶだよお母さん。ちょっと汚れてるだけだよ。

さーちゃん着れるよ!? それ着て幼稚園行くからだいじょーぶ!」

 

と慰めて(?)くれるさくら。

 

ありがとうよう。

あんたは気にしないでいっぱい遊んでおいでー。

 

 

そして私は白い靴下改め、紺色の靴下をネットで注文。

紺なら汚れは目立つまい。

更に洗い換え用の靴も注文。

毎日靴を洗う覚悟はできたぞ。

 

制服も追加で100cmを2つ買おうかと思ったけど、

後1ヶ月で夏服だから、今の制服を着倒してもらおうと決意。

 

夏服は110cmを1枚だけ注文していたけど

「100cmを2枚にしてください」と変更の電話を入れた。

 

好きに遊べ!

とことん汚してこい!

 

 

しかしこの制服、じっと見てるとくらくらしてくる。

 

寄り目にしてぼや~んと見るようにしたり

焦点をずらしたり、薄目にしたり、他の所を見ながら

毎回必死でアイロンをかけている。

 

なんとかならんのか。




 応援クリックありがとう!

恐竜の水彩画(年少)

 

幼稚園のバス停が一緒の年長さんに恐竜が大好きな男の子がいて

毎日バス停まで恐竜のおもちゃを持ってきてるんだけど

さくらも恐竜好きだとわかると

 

「日曜の朝、恐竜キングやってんで!」

 

と教えてくれたので、さっそく今朝見てみた。

 

でも恐竜同士がなぜ戦わないといけないのか、

どうして仲良くできないのか、

そこんところがいまいち納得できずに

 

 

「ちがうよ! それはいい恐竜だよ!」

 

「ケンカしちゃダメだよ!」

 

「一緒に遊ぼうって言ってるだけなのに!」

 

「あーあーあーあー!」

 

「そんなことしたら痛いよーぅ!」

 

 

と大騒ぎだった。

 

で、それを見た後に描いた絵。

今日は水彩絵の具を指定された。(めんどくさい)

 

赤いのがティラノサウルス。

顔が黄緑なのがトリケラトプスのガブ。

 

下に川が流れていて、ガブが飛び込んで

お魚を捕まえに行くんだって。

 

貼って貼ってと言うのでコルクボードに掲載中。

 

 

水彩絵の具はまださくらに全部任せるのは危険なので

 

「さーちゃん やーりーたーいー!」

 

ってのをなんとか説き伏せて

 

「次は何色? 混ぜるから言って?

今そこを縫ったら色が混ざるからここ塗ろうか。

ここは何色にしたい?」

 

といちいちお伺いをたてて

指定の色を含んだ筆を手渡している。

 

庭があれば外で好き放題にさせられるんだけどな。




 応援クリックありがとう!

クレヨンスクラッチ(年少)

 

クマか? と思ったら「カエル」なんだそうだ。

 

耳に見えたところはカエルの目で

目に見えたところはカエルの鼻で

 

じゃぁ真ん中にあるのはなに?

 

「これはねー はなだよ!」

 

という訳で鼻が3つのカエル。

 

左下の小さなカエルはあかちゃんカエルなんだそうだけど

カエルの赤ちゃんはおたまじゃくしだろう!

というつっこみはしない方向で。

 

周りの小さいぐるぐるや、カエルのほっぺにあるお花。

そこここに散らばる星やお花。

カエルの王冠などは私が手を加えたもの。

 

 

このクレヨンスクラッチ。

 

私が保育園で習ってものすごーく好きになったんだけど

部屋が汚れるからとあまりさせてもらえなかった記憶もあって

さくらと一緒によくやっている。

 

最初にいろんな色のクレヨンで隙間なく塗る作業もおもしろいし、

その上をびっちり黒で塗りつぶす作業もまた楽しい。

 

でも今日は黒をちょっと塗り始めただけですぐに飽きたのか

 

「さーちゃん 爪楊枝持って来るね!

おかーさんも 描くでしょ?2本とってくるね!」

 

と言って、腕の疲れる作業はすべて私にふりかかってきた。

黒をもう1本買おうかな。

 

 

 

***

 

 

さくらはまだ「幼稚園に休みがある」ことを理解していないので

休みの今日、幼稚園に行かないのがご不満な様子。

で「明日こそは行くんだからね!」とか念を押された。

 

別に私が怠慢で連れて行かない訳じゃないっての。

休みなの。土曜と日曜はお休み。

 

おーやーすーみ!

 

「やーすーまーなーい!いーくーの!」

 

 

うーん。どう言えばいいのやら。

 

 

というか、あんまり楽しそうな話聞かないのに

幼稚園には行きたがるってなんか不思議。




 応援クリックありがとう!

教室には入らないの(年少)

 

「バスから降りたらさーちゃんすぐに遊びたいんだけど

先生とかお友達がさーちゃんをつれていくの!

今日はお友達がつれてったの!幼稚園の中につれていくの!

でもさーちゃんはあそびたいーって逃げるの!」

 

教室にカバンを置いたりするんじゃないの?

 

「そう。カバンはパイナップルのところに置くの。

じぶんで置けるよ。パイナップルって知ってるもん。」

 

そうだね。じゃぁカバンと帽子を置いて

それから遊んだらどうかな。

 

「さーちゃんはすぐに遊びたいの!」

 

お帳面出したり朝の支度があるんでしょう?

 

「さーちゃんしないの!」

 

難しいの?

 

「かんたんだよ」

 

じゃぁ先生もお友達も何もしなくていいように

さくらが全部ぱぱぱっとやっちゃって

それから遊ぶとみんなうるさくないんじゃない?

 

「すぐに遊ぶからできないよ」

 

朝の支度が分からない?

 

「わかるよ」

 

じゃぁしようか。

 

「しないよ」

 

 

あああもう!

 

 

「さーちゃんくつと靴下をぬいじゃうの」

 

靴下と靴は履いとこうか。

みんな履いてるよね?

 

「さーちゃんはぬぐの」

 

裸足がいいの?

 

「うん」

 

足がきたないまま教室に入れないでしょう?

 

「教室入らないの」

 

は?

 

「さくらちゃーん 教室に入りましょうーって先生が言うの。

でもさーちゃん教室入らないから外で遊んでるの。

そしたら教室に入らない子は赤ちゃんクラスですよーって言うの。」

 

赤ちゃんクラスがいいの?

 

「そんなのないよ。先生が言うだけ」

 

赤ちゃんクラスがイヤなら教室入ったら?

 

「いやじゃないよ。お外で遊ぶ方がいいもん」

 

ずっとお外で遊んでるの?

 

「どろんこ遊びしたら靴下をきれいなのにするの」

 

教室に入る時?

 

「うん」

 

靴下履かされるから教室に入るのがイヤなの?

裸足のままだと教室入る?

 

「外で遊ぶ方がいい」

 

 

ああああもう!

 

言い聞かせがまるでできない。

でもさくらなりに筋が通ってるからこれまたなんとも。

 

さくらって扱いにくい子なんだろうな。

 

 

 

***

 

 

幼稚園がある日のスケジュール

 

朝6時半に起きて

ベッドの中からボーっとしながら動画でムーミンを見て

7時から1時間ほどかけて朝食を食べ、

その間に髪の毛をくくったりカバンの中を確認したりする。

 

8時頃から着替え開始。

着るものを出しておけば全部自分で着れるんだけど、

横でちくいち見てやらなければならない。

 

それなのに「じーぶーんーでー!」と言うので

朝から結構イライラする。

 

スカートより先にブラウスを着なくてはならないとか

上着のダブルボタンをどっちにかけるかとか

一人では難しいところもまだあるにしても

それは声掛けだけでクリアできるのに。

 

なんて言わずに見てるけどさ。

上手だねー。次はこれだよ。そうそう。うまいうまい。

とか言いながら。

 

30分ほどかけて用意を済ませて

自転車でバス停まで行く。

 

多少寂しそうな顔はするけど

バイバイと手を振って幼稚園へ。

 

 

お昼に帰って来るとご飯を食べてすぐにお昼寝。

ほっとくと6時とか7時とかまで寝てしまうので

3時か4時には起す。

 

5時にお風呂に入れて

6時に夕ご飯。

 

7時半にはベッドへ入って絵本を読んで

8時には就寝。

 

3時間ほどしか家を離れてないのに

かなりお疲れの様子。

 

来月から午後保育が始まるけど大丈夫かいな。




 応援クリックありがとう!

園でおもらし(年少)

 

幼稚園のバスから降りてきたさくらが

見知らぬ靴下を履いていたので

 

お!?今日はさくらが違う子の靴下履いて帰ったとか?

やっぱりみんな靴下脱いじゃうのね。

 

なーんて思ったけど、違った。

 

「だってさーちゃんねーぬれちゃったんだよー

でちゃったのよーおそとでねーじゃーってー」

 

・・・・おもらしですか。

 

でも今日はカバンに着替え用の靴下を入れていたはず。

なのに園の靴下を履いていると言うことは

 

2回もおもらししたの!?

 

「ちがう! いっかいだけ!

いっかいだけ でちゃったの!」

 

じゃぁなんで?

 

などと会話をしながら帰宅して

さくらのカバンの中を確認すると

 

濡れたパンツと靴下の袋。

そして更に濡れた靴下の袋。

 

 

おもらしをして、パンツと靴下を着替えて

汚れたものを袋に入れてある袋はわかる。

 

この靴下だけ入ってる袋は何?

靴下だけ濡れたって事はお靴履かないで外に出たの?

 

「ぬれちゃったんだよー」

 

いやちょっと待て。

外でお漏らしして靴下が濡れてるってことは靴は?

靴も濡れてんじゃない?

 

「うん。くつもぬれた。でも洗ったから大丈夫!」

 

ええ? とさくらの靴を見に行くと濡れてない。

洗った形跡もまったくない。

 

濡れてないよ?

 

「ぬれたのー。ぬれちゃったんだよー。

お外でねー。ぬれちゃったんだよー。」

 

えーっと、青のお靴?

それとも白いお靴?

 

「しろいの!」

 

白は外じゃなくて中で履く靴でしょ!?

いまいち話が見えてこないぞ!

 

いや、さくらのことだから上履きのまま外に出ている可能性はある。

先生が洗ってくれるんだろうか。

だとしたらえらい親切な園だな。

 

つか乾くのか?

ああ、上履きにも履き替え用ってのがあるのかな。

 

さくらの話だけではいまいち状況がつかめない。

靴下がなぜ2枚濡れてるのかも分からない。

 

 

「さーちゃんねー 大きな声でせんせー!せんせー!って呼んだの。

でも来なかったからさーちゃんが先生のところに行ったの。

でちゃったーって言ったら あーらでちゃったのー?って言ったの。

先生ちっとも怒らないんだよ! やさしーんだよ!

でもちょっと怒って ちゃんとトイレに行きなさいって言ったの。

さーちゃんねー ハーモニカしたくて行かなかったの。

そしたら出ちゃったの。」

 

そうかそうか。

微妙に分からないけど分かったよ。

 

「おやつはねー ココナッツだったよ。

3つもくれたんだよー!ココナッツおいしかったー!」

 

そうかそうか。

でもココナッツは出ないだろう。

 

「ココナッツだもん!

先生ココナッツって言ったもん!」

 

ココナッツサブレかな?

クッキーみたいなやつ?

 

「ココナッツ!」

 

あーはいはい。

 

 

さくらの話は半分くらい想像で語られてるんじゃなかろうか。

何があったのかもいまいち良く分からないし。

 

年少の子ってみんなこんなんで先生大変だろうな。

(とこの時は本気でそう思っていた)




 応援クリックありがとう!

靴下を脱ぐらしい(年少)

 

帰りのバスに担任の先生が乗っていて

 

「さくらちゃん 靴下脱いじゃうんですよ。

で、今日は他のお友達も脱いでて、

相手の子に間違えてさくらちゃんの靴下を履かせちゃったんです。

さくらちゃんはお着替え用の靴下を履かせているんですが・・・

相手の子がさくらちゃんの靴下を履いて帰っちゃったんですよ。

戻ってき次第持って帰らせますので。」

 

と言われた。

 

え?靴下ってずっと履いてるもんですよね?

 

「はい。下靴と上靴を履きかえるだけで靴下を脱ぐことはないんですけど

さくらちゃんは上靴も履きたがらなくて、靴下も脱いじゃうんです。

でも裸足だと怪我するかもしれないので、靴下は脱いでもいいけど

上靴は履こうねって声はかけてるんですけど・・・」

 

で、帰りは自分で靴下履くんですか?

 

「いえ・・・」

 

うーーわ。なんかすごいこと聞いたぞ。

え?さくらってそんななの?マジで?

 

いやでもさくらだけじゃないってことよね。

他にも靴下脱ぐ子がいるんだもんね。

まだみんなそんな感じなのよね。うんうん

 

 

いえいえ。お手数おかけしました。

 

と言うと「ではっ」とバスで去っていったので

噛んじゃったそうですいません!と言いそびれてしまった。

 

担任は2人いるのでどっちの先生を噛んだのか知らないけど、

来週の家庭訪問の時には謝らなくては。

 

 

で、さくら。靴下脱いじゃうの?

 

「うん」

 

脱いだらカバンに入れようか。

 

「うん」

 

・・・しないだろうな。

 

 

 

さくらにとって初めての集団生活。

いやまぁ本当にくたびれて帰ってくる。

 

まだ午前保育の短縮なので11時半には終るんだけど

 

「さーちゃんねー つかれちゃってしんどいのよー

おかーさんだっこー。そっちの手をあけてだっこしてー」

 

と、うーだうーだ歩いて

なかなかマンションの階段を上がってくれない。

 

毎日公園を走り回ってたから体力はあるはずなのに

たった2時間の園生活でここまで消耗するとは予想外。

 

やっと家までたどり着いても

ほっとくと玄関で寝てしまいそうなので

大声で励ましながら制服を着替えて手を洗って

お昼ごはんを食べさせる。

 

普段なら「お昼寝したらー?」と言っても

「おひるねしなーい!さーちゃんあそぶー!」と言うのに

 

「んー」

 

と言いながらベッドへごそごそ入って

ものの15秒ほどでぐこーっと寝てしまう。

 

何がそんなにさくらを消耗させてるんだろうか。

 

 

そしてお昼寝から起きると幼稚園報告が始まる。

 

「お歌の時は積み木しちゃダメですって言われた。

お歌の時間はお歌をうたいましょうねって。

さーちゃん積み木がしたかったのにできなかった。

積み木するって言ってもお歌ですよって言うの。

さーちゃんお歌じゃなくて積み木がしたかったのに。」

 

「それからダンスもしたよ。でもさーちゃんはしないの。

さーちゃん隠れてたからどんなのかよく見えなかったの。

さーちゃんは部屋の隅っこに隠れてるの。

見えるとこにいるとがしーってされるから隠れてるの。」

 

「今日は先生噛まなかったよ。がぶーってしなかった。」

 

「さーちゃんおしっこって言ったら先生と一緒に行ったの。

きのこさんに入ったよ。」 (トイレのドアにそれぞれ絵が描いてある)

 

「それからねー 今日もおともだちにおじょうさまって言われた。

おじょうさま おじょうさまって言うの。

だからさーちゃん はーいって言うの。」

 

*これは後に言葉使いが原因だと分かった。

大阪じゃ「~なの」なんて言わないからね。

 

 

そして最後に

 

「今日はとーっても楽しかったよ!」

 

と締めくくった。

 

なんだかとても大変そうではあるけど

楽しかったのならまぁ・・いいか。

 

 

いいのか?




 応援クリックありがとう!

先生を噛む!(年少)

 

雨が降る中、歩いて幼稚園のバス停へ向かう。

 

自転車だと5分くらいだけど

歩きでどれだけかかるかいまいち分からないので

私の足でかかる時間の3倍以上の時間を見て家を出る。

 

いや、いくらなんでも早く出すぎだろう。

バス停は普通の道端だから屋根もなにもないし

そんな所で雨に打たれながらじーっとしてるのは嫌だから

コンビニで時間をつぶそう。

そうだそうしよう。

 

などと思いながら

黄色いポンチョを着たてるてるぼうずのようなさくらと

雨の公園をてくてく歩いて

 

歩いて・・・

 

歩こうよさくらさん。

 

「おかーさん はっぱさん ぬれてるよ?」

 

「なんで?」

 

なんでって、雨降ってるからでしょ。

 

「あ。おはなさいてる。」

 

「ゆー きー やー なー ぎ」 ←草木の名札を読むのが好き

 

「れー んー ぎーゆー う」

 

おしい。レンギョウだよ。

 

 

って、散歩に来てる訳じゃないんだから

前を向いて歩いてくださいって。

 

とかやってたらコンビニに寄る時間なんかなくなってしまった。

 

遠いぜ。遠すぎるぜバス停。

 

 

 

やっとこバス停についてほどなくやってきたバスに

お友達が次々と乗り込んでいるのに

さくらは私の腕をしっかり抱きかかえて

 

「やっぱり いかない」

 

と言いだした。

 

え!?かわいいやん。こんなさくら見たことない。

 

幼稚園行きたくないの?

でもせっかくここまで来たんだから行って来れば?

お友達みんな乗ったよ。

ほら。

 

とバスのステップまで連れてったら

変な顔をしながらもしぶしぶ乗って行った。

 

幼稚園は自由時間ばっかりじゃないから

嫌だなぁと思うことも多いんだろう。

 

ふぁいとう!

 

 

で、帰ってくるのは12時過ぎ。

お弁当はまだ始まってないのであっという間に帰ってくる。

 

 

よく聞くよね。

行く時は嫌がってたけど園に行ったら楽しく過ごしてるとか

お友達ができたら笑顔で通うようになったとか

最初はみんな慣れないからちょっとの我慢だとか。

 

ねぇ?

 

 

「先生におこられた!!」

 

って、さくらは帰ってきてからもえらい怒ってますが・・・

 

なんで先生に怒られたの?

 

 

「さーちゃん逃げたらがしーってつかまえてくる!

先生きらい!さーちゃんイヤだって言ってるのに!!」

 

お、おう。

 

「がしーってつかまれたからがぶーって噛んでそんで」

 

ちょ、ちょっと待て。

先生を噛んだの? かぶって先生を噛んだの?

 

「そう。先生のおててをがぶーって。

そしたら、噛んじゃダメでしょ?っておこられたの!!」

 

そりゃ当たり前だな。噛んだら怒られるわ。

 

「なんで!?だってさーちゃんイヤだって言ったのに!!

がしってつかまえてくるんだよ!!」

 

ちょっとまぁ落ち着こうか。

 

その前に何でさくらは逃げてたの?

何がイヤだったの?

 

「したくしなさいって言うから・・・

でもいやだいやだーって逃げたの。」

 

何の支度?

 

「へりこぷたーの!」

 

ヘリコプター??

 

「ごめんなさいしなさいって言うからいやだいやだしたのに

ごめんなさいしなさいって言うからごめんなさいってしたら

ごめんだけじゃないでしょって。もうしませんって言うの。」

 

ふーん。

 

噛んだら痛いもんね。噛むのは良くないね。

今度がしーってつかまったらどうする?

 

「んー いやだーあっちいってーって ぎゅーって押す!」

 

いやいや、押すのもダメだって。

先生がしなさいって言うことをすればいいんじゃない?

 

「え!さーちゃんいやだもん!」

 

ああそう?

じゃなくて、みんなはしてるんでしょ?

 

「みんなはしらない。さーちゃんはいやなの!」

 

支度するのイヤなのね?

 

「そう!しないの!さーちゃんはしないの!」

 

した方がいいんじゃないかな。

支度すれば先生も怒らないしがしーってされないよ?

 

「さーちゃんはしないの!!」

 

 

現場を見てたらどう説明すれば納得するかが分かるけど

さくらの話だけじゃ無理だ。

それにここまでさくらを怒らせたら本当にしないぞこれ。

 

ああ、近々ある家庭訪問が怖いぃぃ




 応援クリックありがとう!