病気が怖い私とさくらの箱積み(1歳8ヵ月)


 

昨日、さくらが須磨の水族園で一度だけ吐いたけど

そのあとはケロっとなんともなさそうだった。

 

先月の胃腸炎での入院さえなければ

ここまで怖くはなかったかもしれない。

 

それまではさくらが熱を出してもこんなに怖くはなかった。

 

私はさくらが心配なのではなくて

さくらの病気が怖い。

さくらの具合が悪くなるのが心底怖い。

 

さっきまで元気だったのにあっという間に

どこかに連れて行かれそうなほど衰弱する姿が本当に恐ろしい。

 

常に動機がしている感じで

胃のあたりをぎゅっと掴まれているようで

時々深呼吸をしていないと苦しくなるほど。

 

先月のさくらの入院前後はお腹が空くという感覚がなく

何か食べないといけないという義務感だけだった。

 

そのおかげで免疫力がなくなって

私も胃腸風邪をもらってしまったんだけど・・・

 

 

でも今回のさくらはいつも通り食欲もあって元気。

 

ドキドキして大変なのは私だけ。

 

 

昨日外出から帰っていつも通りご飯を食べて

お風呂も機嫌よく入って寝たさくらが

 

夜中にほえっと寝ぼけて声を出しただけで

がばっと飛び起きるくらい神経過敏。

 

それからさくらの様子が気になって

一睡もすることができなかった。

 

 

朝ごはんのあとに「だっこ~」と言われると

食べたからしんどくなったのかな?

やっぱり具合が悪いのかな!?とびくびく

 

いつものお昼寝より早く「ねむい~」と言えば

これから熱でも出るんだろうかとはらはら

 

本当に寝てしまったら今度は寝ている様子が気になって

寝室から出られなくなってしまう。

 

さくらは気持ちよさそうにすやすや寝ているといのに。

 

 

はぁ。しんどい。

しんどがる意味なんかないのは分かってるけどしんどい。

 

 

そういう訳で今日は外出する気力がなかったので

昼から箱積みをして遊んだ。

 

「大きさが違う10個の箱」というだけのおもちゃ。

入れ子になっていて、片づける時は大きな箱1つ分におさまってくれる。

 

大きいものの上に小さいものを乗せるとか

端っこじゃなくて真ん中に乗せるとか

 

最初はそういう工夫をまったくしなかったのに

 

何度も何度も崩れたり落っこちてきたりを繰り返すうちに

箱同士をじーっと見つめて選ぶようになり

ゆっくりそーっと乗せるようになり

 

自分が満足したら私の顔を見て

「えっへん」のポーズをしたりして

 

なかなか賢いやん。と親バカ炸裂。

 

*アスペルガーが分かりにくいのは、こういう感じで

コミュニケーションをきちんと取っているように見えるからです。

目線も合うし、一緒に楽しむこともできます。

でもさくらの自閉度は高いんです。

見た目の印象で「分かってるはず。できるはず」と思われます。

 

 

そうやって一緒に遊んでいてもやっぱり私はドキドキ大変。

 

この日もさくらは何事もなく過ごして

朝までぐっすり寝てくれて

ようやく私のドキドキもおさまった。

 

子どもの病気ひとつでこれだけ神経質になってたら

体が持たないよね・・・

 

は~しんど。

 

 

 


 

DJECO ジェコ 10キューブブロック マイフレンド

 

同じものがないかと探したけどなかった。

どこで買ったかも覚えてない・・・

 

でもさくらが遊んでる箱は↑こんなやつ。

 

このおもちゃも良く遊んだもののひとつで、

ぬいぐるみの家になったり、踏み台になったり、

ビー玉を隠して「どこでしょう?」の遊びをしたり、

 

アイデア次第でいろいろ遊べる優れもの。

 

ちなみに中学になった今でも娘の部屋に飾ってある。

弟に譲るのはイヤなんだって。

 




応援クリックありがとうございます。


今の様子を配信中
メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link