同じことを何度も言う(1歳8ヵ月)


 

さくらは質問だけでなく、

覚えたものの名前も何度も言うようになった。

 

こうなると一人で遊ぶことはなく、

自分が言った言葉に対してのリアクションを求めてくる。

 

話し相手というよりは、

知っている言葉の確認と、知らない言葉の学習に

私を使っているような感じだ。

 

私がまったり座っていると

メイちゃん(犬のぬいぐるみ)を持ってきて

 

「てて!てて!てて!てて!てて!」

 

と手を指さして(犬だから足だけど)連呼し始める。

 

そうだね~。お手手だね~。というまでやめない。

それも相手が返事をしてくれるかな?

と待つような間もない。まったくない。

 

ひたすら「てて!てて!てて!」と言い続ける。

 

返事をしてもらってそれに満足すると

今度はメイちゃんの耳を持って

 

「みみ!みみ!みみ!みみ!みみ!」と始まる。

 

そうだね~。お耳だね~。

と言うと、今度は目を指さして

 

「めめ!めめ!めめ!めめ!めめ!」と始まる。

 

まだ言えない部分は「んちゃぁ?」(これは?)

と聞てくるけど、覚えるまで何度も言わされる。

 

 

「んちゃぁ?」

 

せなかだよ。

 

「んん~?」

 

せなか

 

「んん~?」

 

ぜなか

 

「んん~?」

 

何度も何度も何度も何度も何度も。

 

一通りメイちゃんが終わると

今度はトニー(トナカイのぬいぐるみ)を持ってきて

 

「てて!」と始まる。

 

鏡の前で自分の顔を指さしながら

 

「あーな!(鼻)あーな!あーな!あんなー!

ふーんなー!あーんなんあー!あーなー!」

 

などと鼻活用を唱えてたりもする。

 

これにも返事をしないと「あなー!!」と怒りながらやってきて

また鏡の前に戻って行く。

 

この時さくらは不思議なことに私を引っ張らない。

お母さんに来てほしい時は

お母さんの手や足を持って引っ張るのが普通な気がするけど

さくらは怒りに来るだけで、私を無理に動かそうとはしないのだ。

 

なんでだろう?

自分がされるのがイヤだから?

それとも引っ張って動かせると気付いてない?

 

それでも鏡の前に来てほしいことは分かるので

一緒に鏡の前に行って

 

そうだね~。さくらの鼻だね~。

 

と返事をしておく。

 

 

これを一日中ありとあらゆる場面で繰り返されると

かなりどうでもよくなってくる。

 

「んちゃぁ?」

 

テレビ

 

「んちゃぁ?」

 

テレビの画面

 

「んちゃぁ?」

 

テレビの枠

 

「んちゃぁ?」

 

テレビ

 

「んん~?」

 

テレビ

 

「んちゃぁ?」

 

テレビ

 

 

ゲシュタルト崩壊するわ!!

 

新しい言葉を覚えようとしてる時はともかく、

もう覚えているものを何度も何度も何度も聞かれると

 

「そうだってば!もーうるさいなー!」

 

と言ってしまってちょっと反省・・・

 

 

 

そうやって日々さくらの相手をしている私はともかく、

おばあちゃんにはこれがなかなか通じない。

 

さくらが「んちゃぁ?」(これは?)と

指をさしてものの名前を聞いているのに

 

「お茶か?お茶が欲しいんか?」

 

と台所へ立つおばあちゃん。

 

さくらは教えてもらえないので

「んちゃぁ!んちゃぁ!んちゃぁ!」と何度も叫び

 

おばあちゃんは

「だからお茶やろ!今入れたるから待っとき!!」と怒り

 

さくらが「んちゃぁぁぁぁぁ~」と泣いて

 

「なんやねんこの子は!ちょっとも待たれへんのかな!」

 

となったりする。

 

私が「これは?って聞いてんねん」と教えようとしても

義母さんの耳には入らない不思議。

 

(ちなみにお茶は「んちゃちゃ」と言う)

 

 

さくらの"言ってるつもり"の言葉が日々増えているので

会うたびに意思の疎通が難しくなる2人。

 

普通は言葉が増えれば増えるほど

他の人ともコミュニケーションを取りやすくなると思うんだけど

なぜかさくらとおばあちゃんはうまくいかなかった。

 

多分、私とさくらの会話(?)がおかしかったんだろう。

 

 

そしてさくらは起きているときはほぼこの調子で

驚異的にものの名前を憶えていった。

 

め、はな、くち、みみ、おでこ、ほっぺ、あご、

まゆげ、まつげ、あたま、かみのけ、こめかみ、みみたぶ

 

え・・そこなんて言うんだろう?

 

と答えられずに調べて

 

「じんちゅうだって!」(鼻の下の溝)

 

とかやってたけど、これはまさに

自閉脳の自閉度を加速させる関わり。

 

自閉症は何かにこだわるととことん突き進んでしまうので

毎日そればっかりに没頭させ続けてしまうと

他の脳の機能が発達しないので、あまりよろしくないのだ。

 

ただ本人はとても心地いい状態。

 

そして私も自閉脳。

 

きっとこの頃の私とさくらを客観的に見ると

かなり異様だったと思う。

 

 

でも、勝手にどこかに行っていたさくらが

自分から私に近づいてきて何かを要求してくれて

私の答えに反応してくれるので

「うるさいなーもー!」と言いながらもとても楽しかった。

 

今でも娘に何かを質問されると

えーもー自分で調べーな!と言いながらも

どこかで嬉しい私がいる。




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link