お友達?(1歳10ヶ月)


 

遊歩道でさくらを遊ばせながらボーっとしていると

よちよち歩きの女の子を連れたお母さんが

にこにこ笑顔で近づいてきた。

 

こんにちはぁ。 ←最近自分から挨拶するように心がけている

 

「あ。こんにちは。」

 

娘より頭ひとつ小さく、娘より一回り横幅が大きいその子は

ヒザを伸ばしたままの状態で歩いているのに

かなりの高速でたかたか進んでくる。

 

なんでヒザが曲がらないんだろう。

小さいからかな?

足が短すぎてそう見えてるだけ?

まだかなりのガニ股だから曲げたまま歩いてる?

 

だったら仲間だな。

この子も1歳前から歩いてるんだな。

 

と思った私は「何ヶ月ですか?」と聞いてしまった。

 

「あ、1歳と3ヶ月なんです。」

 

あわわわ

またやってしまった。

 

子供の年齢は見た目より大きく言うのがマナーだ!

きゃー

 

でもでも今回のはまだセーフ?

ダメ?

 

「しっかりしてますねー。もう3歳くらいですか?」

 

ああダメだった。すごい上に言ってくれた。

そうよね。1歳半くらいですか?って聞くべきだったのよね。

反省・・・

 

いえまだ2歳前なんです・・・

 

それからさくらとその子はコミュニケーションを取るでもなく

かといって無視する訳でもなく

変な間合いを取りながらころころ一緒に遊んでいた。

 

そしてこのお母さんもそこから無言。

 

子どもは野放し状態。転んでも転ばされても口も手も出さない。

何も言わずに、まったく動かずに見てるだけ。

 

子どもに話しかけもしないし

私に話しかけてくるでもない。

 

その子もお母さんに甘えにくるわけでもなく、

さくらと同じようにその辺をたかたか歩き回っては

石や棒切れを拾ったりして遊んでいる。

 

でも片方の手には小さいボールが握りしめられている。

振るとチリチリンと鈴の音がするボール。

 

最初は遠巻きに見ていたさくらだったけど

その子が転んで手からボールが落ちた時に

さっと拾ってそこから離そうとしなくなった。

 

狙ってたな。

 

「とっちゃダメでしょ? かえそうね?」

 

なんて言って聞くようなさくらではないけど、

相手のお母さんの手前一応言う。

 

「それさくらのじゃないでしょ。どうぞして」

 

「いや!」

 

「鈴のいい音がするね。チリチリいうね。」

 

「いや!」

 

んもう・・・

 

普通ならここで「あ~いいですよ~」とか言われて

「すいません取っちゃって~」とか言って

「ほら貸してくれるって。ありがとうは?」なんて言って

 

ねぇ?

 

でもお母さん無言。

 

えーっと・・・

 

その子も特に返して欲しい素振りもみせず、

結局さくらがボールを持ったままになってしまった。

 

 

私は誰かといると何か話さなければと思ってしまうけど

別に話すことがなければ話さなくてもいいのかな。

 

石段に座ってボーっとお互いの子どもを見てるだけで

特に何をするでもなくそこにいる私たち。

 

いや、でも、ちょっと、居心地悪いかも。

 

でもこういう時に何を言えばいいのか

どういう話が無難なのかまったく分からないので

結局私も黙ってそこに座っていた。

 

 

しばらくするとさくらが移動し始めたので

 

向こうに行くの?だったらボール返さないと。

ほら、貸してくれてありがとうって。

 

さくらは向こうに行きたいのと、ボールを返したくないのと

自分の中で何か葛藤するような表情をしていたけど

 

「あい!」とボールを返して

「ばいばい!」とさっさと向こうに行ってしまった。

 

あ、ボールありがとうございます。

 

(と言ってもお母さんは会釈をするだけ)

 

さくら待って!

 

 

と、その親子とは別れてしまったけど、後になって

 

実際にいた親子よね!?

 

とちょっと不思議に思ってしまった。

 

 

それと、人にあったら話さないと!

と思い込んでたのも、別に無理に話さなくてもいいのかな?

と思えた出会いでもあった。




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link