手に湿疹!ウイルス性の夏風邪 その2(2歳0ヶ月)


 

いつもは帰ろうと言っても

なかなか公園から帰らないさくらが

 

「もうかえろう」と言って自分で歩こうとせず

 

次の日も、その次の日も外に出たがらずに

家の中だけで過ごした。

 

ということがあった。

 

しかしさくらはすぐにまた外に出るようになり

公園でいつものように遊ぶ毎日が戻ってきた。

 

気になる湿疹を除いて。

 

 

 

 

さくらの手の甲にぶつぶつがびっしり生えているのだ。

なんだろうこれ・・・

 

蕁麻疹じゃない。

皮膚のもっと奥の方で水泡ができているような

固く盛り上がっているような湿疹だ。

 

さほど赤くもない。

 

見れば見るほど気持ち悪い。

 

でもさくらは元気。

いつも通り外で走り回っている。

 

 

かゆい?

 

「かゆい!」

 

いたい?

 

「いたい!」

 

平気?

 

「へーき!」

 

 

ああもうこのオウム返しなんとかして。

真意が分からない。

 

数日様子を見ていたけど、どんどん数が増えてきて

まったく良くなる気配がないので皮膚科に行くことに。

 

ここは総合病院なので待合の端っこに連れていって

なるべく他の人の迷惑にならないようにする。

 

床に座っても寝そべってもいい。

奇声を上げて走り回るのだけはやめてよー。(ドキドキ)

 

「はーい。こんにちはー。

症状が出て1週間くらいなんですねー?」

 

そんなもんだと思います。←ちゃんと覚えてない

 

「じゃぁ見てみましょうか。」

 

お。さくらがおとなしい。

手を見せるのは怖くないんだな。

 

「うーん。これはウイルス性のものですね。

手の甲のは赤いので分かりやすいけですけど、

ほら、手の平や指にもいっぱい出てるでしょう。

肌と同じ色ですけど、分かります?」

 

え?手の平?

手の甲だけしか・・・

 

うわ!ほんとだ!手の平すごい!

うわ!指もすごい!

 

気づけよ私!

 

「足も見せてもらえます?」

 

足?足はなんともないですよ?

と言いながら靴と靴下を脱がせる。

 

「んー。足には出てないですねー。

じゃぁ今度はお口見ましょうか。あーんってできる?」

 

さくら あーんだって。ほら。あーん

 

「・・・・」←さくらむっつり

 

あーんだってば!

 

「さくらちゃーん。これ持ってていいよー。

ほら、キティちゃんのシールだよー」

 

先生が取り出したのはかわいいシール。

小児科でもない普通の皮膚科にそんなもの置いてあるんだ。

へー。

 

さくらはシールを受け取ると、素直にあーんって口を開けた。

 

おお。シールすごい。

 

 

「んー口内炎はできてないようですね。

口の中も大丈夫そうですねー。」

 

手と足と口?

もしかして手足口病ってやつですか?

 

「いえ、ちょっと今は断定できないんですけど、

ぶつぶつが出る前に風邪のような症状はなかったですか?

咳をしたり食欲が落ちたり、元気がなかったり。」

 

ぶつぶが出る前っていつだ?

風邪のような症状?

 

と、とくに気づかなかったです。

 

私は記憶が連続体ではないので、

あらかじめ考えてないことを不意に聞かれると

まったく思い出せなくなる。

 

家に帰ってゆっくり考えれば

ああ、外で遊びたがらない日があったな!

 

と思い出せるのに。

 

 

でも事前にネットで調べたことも聞いてみる。

 

これ、手湿疹ではないんですか?

水仕事する人がなったり汗をよくかく人がなったりってゆー

 

「違いますね。これはウイルス性の湿疹です。」

 

お。そこは言い切るのか。

本職が見れば分かるんだな。(あたりまえ)

 

「お薬出しておきますので3日後にまた来て下さいね。」

 

はい。ありがとうございます。

 

 

そうか。さくらったら風邪引いてたのか。

気づかなくてごめんよ。

 

しかもずいぶんほっといた気がするし。

 

 

でも飲み薬を飲んで塗り薬をべたべたに塗られたさくらは

やっぱりとっても元気まんまん。

 

本当に風邪なんだろうか。

先生もはっきりと病名は言わなかったし

再診があるって事は何かよくわかんないってことなんだろうか。

 

うーん

 

おてて痛い?

ここほら。ぶつぶつあるとこ痛い?

 

「あい。いたい」

 

じゃぁここは?このなんにもなんともないとこ。

ここ痛い?

 

「あい。いたい」

 

痛い?って聞いたところは全部痛いのね。

 

自発的に出てきた「いたい」は本当に痛いんだろうから

何も言わないってことは特にどうってことないんだろうな。

それとも今からどんどん酷くなっていくんだろうか。

 

うーんうーん

 

外部的な刺激じゃなくて

ウイルス性の湿疹ってことははっきり言われたので

 

だったら外で遊んで体力を消耗させるより

家でゆっくりしといた方がいいよね。

 

ということで、湿疹が治るまでは公園はおやすみね。

治ったらまた公園行こうね。

 

 

 

私はこの時、湿疹なんてすぐに引くものだと思っていた。

それこそ蕁麻疹のようにしゅっと。




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link