手に湿疹!ウイルス性の夏風邪 その4(2歳0ヶ月)


 

手にびっしり湿疹を出して皮膚科に行ったさくら。

湿疹と言っても、皮膚の内側に水泡ができているような感じで

表面にはさほど盛り上がってはない。

 

手の平は赤いけど、他の湿疹は色がついてなくて

よーく見ないと分からないんだけど、

 

それが手の指にも甲にも平にもびっしり!びーっしり!

見れば見るほどどんどん見えてきて鳥肌が立つ感じ。

 

ぞわぞわぞわ

 

 

 

湿疹に気付いて病院に行くと

 

「何か強いウイルス性のものですね。

これはもう対処療法しかないんです。」

 

と言われ、アレルギーの薬と塗り薬で様子を見ること2週間。

最初に症状があらわれてからはもう3週間ほど経っている。

 

あんまり酷くなると肝臓に影響があると言われ

様子を見ていた。

 

 

そして久しぶりの病院の日。

 

「んー あ、いいですね。酷くはなってませんね。

これくらいなら血液検査は必要ないでしょう。」

 

ほっ

でもあの、まだ湿疹がいっぱいあるんですけど。

 

「ははは そんなすぐには引きませんよ。

長い人だと2ヶ月くらいはかかります。」

 

2ヶ月ですか!?

 

「そんなに心配することはないですよ。

ただ高い熱が出たり、湿疹がどんどん増えることもあるので、

そういうのだけ注意してれば普通の生活に支障はないですし。」

 

でも、ウイルスってことはうつるんですよね。

 

「まぁウイルス自体はうつりますけど、湿疹からはうつりませんよ。

咳なんかが無いだけ風邪よりはうつりにくいと思います。

ただ赤ちゃんやお年寄りには気をつけた方がいいかもしれません。」

 

はぁ。

 

「じゃぁ1週間後にまた予約入れておきますので。

それまでに熱が出たり酷くなるようなら来てください。

お薬の追加出しておきますね。」

 

はい。ありがとうございます。

 

 

湿疹の他はいたって元気。

特に何をするでもなく普通に過ごす。

 

ただ、手の平の皮がむけ始めて

さくらがそれを気にしているくらい。

 

 

そして再び病院の日。

 

 

「あーはいはい。治りかけてきてますね。いいですよ。

手のひらの皮がむけてるから保湿剤出しときましょうか。

まだ痒がってますか?」

 

いえ。もう痒くはないみたいですけど

皮がむけてて皮膚が薄くなってるので痛がります。

遊んでるとすぐに血が出てしまって。

 

「あー・・・」 ←どんな遊びをしてるんだという顔。

 

「ここからぶり返すということはまずないと思いますので

いったん終了にしましょうか。」

また湿疹が広がるようなら来て下さい。」

 

はーい。

 

今回で病院終了。ほひ

 

 

でもこの手の平に保湿剤を塗るってくせものよね。

 

他の場所と違っていろんなものを持つ手だけに

あっちこっちに保湿剤がべっとり。

 

そして肝心の手のひらからは落ちてしまう。

包帯なんかできないし、

手袋は嫌がってすぐ取っちゃったし。

 

で、結局あまり塗らずに自然にまかせておいたら

いつのまにかきれいになっていた。

 

結局なんのウイルスだったんだろう?




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link