クレヨンがなくなって、水性ペンも次々と出なくなって

お絵かき道具がなくなっていたのには気付いていたんだけど

何も買い足さなかったここ最近。

 

「かきかきぺんさんほしい!」

 

とさくらがうるさいので、

「くもんの三角クレヨン」を購入。

 

すくすくさんかくくれよん

 

これが予想以上によかった。

 

普通のクレヨンは油っぽくてべたっとするけど、これは手が汚れない。

くーぴーみたいに色が薄くもなく、筆圧をかけなくても普通に色が乗る。

折れにくいし、太いから持ちやすい。

クリック式でもないし、紙も巻いてないし、服にもつかない。

これは久々のヒット。

 

はい。新しいクレヨン。

これでいっぱいお絵かきしてね。

 

「ありがとう! じゃぁ おとうさんかくね!」

 

で、出来上がったのが上の絵。

 

 

耳のこの丸はなに?

 

「これはね、みみのあなだよ!

しってる? みみには あながあいてるんだよ。

おとうさんの みみには あながあるの。

さーちゃんの みみにも あなはあるけど

おとーさんのは おおきいの!」

 

 

ちなみに顔の下から出ている2本の線は「足」らしい。

 

「あ。おとーさん これじゃぁ あるけないね。

はい! これであるけるね!」

 

とか言いながら描いてたから。

 

 

でもお父さんにしては目が小さくない?

お父さんはもっと目が大きいよ。

二重だしさ。インド系のぱっちりお目目だよ?

(娘が一重なのは私に似たのです)

 

と言うと、次に描いたのがこれ

 

 

 

 

ぎゃはははは

 

目ぇでかすぎるだろう。

耳は片方だけだし、髪の毛さえなくなってる。

 

しかも今度は足が3本!

 

「だって、はやくはしれるでしょ?」

 

そうか。お父さんは早く走るために足を3本にしたのか。

人間じゃねぇな。

 

あかん。おもろすぎる。

 

なんかこんなキャラいたよな。なんだっけ。

あ!サイボーグ007だ。グレートブリテン!

 

と私一人で大うけしてたけど、

さくらは「これはお父さんじゃない」と不満そうだった。

 

やっぱり最初に描いたのがお父さんなんだって。

余計なことは言うなってことだな。ごめんごめん。

 

 

いやーさくらの絵好きだわー。




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


 

新しい靴で公園。

 

すごい。靴ひとつでこんなに違うなんて。

おかーさんびっくらこいちゃったよ。

 

走るスピードが2割アップ。

今まで登れなかった大きい子向けのアスレチックに

ひょいひょいと難なく登ってゆく。

 

飛ぶ!跳ねる!ひゃっほう!

 

 

そうか。今までそんなに靴に制約されていたのか。

親指をぎゅっと曲げてないと脱げそうな靴なんて

そりゃー遊びにくかったろう。

指の爪も割れるわな。

 

今更ながらごめんよ。

もっと早くいい靴を履かせてあげればよかった。

 

って、3歳児の走るスピードに追いつけないんですけど。

そうでなくても常に走っているさくらが

更にスピードを上げて、しかも走りやすいのか立ち止まりもしない。

 

 

ああ、待ってくれ。

小走りなのにさくらが見えなくなる。

 

 

で、やってきたのは遠い方の公園。

ここは大きい子向けの遊具しかないので幼児の姿はほとんどない。

 

今日は部活帰りと思われる中学生の団体が遊んでいた。

それも缶蹴りで。

 

「おともだちー!いっしょにあそぼー!」

 

と、相手が中学生であろうとさくらはいつものセリフを叫んですっ飛んでゆく。

まぁ邪魔なら邪魔って言うだろうと見守っていると

 

「めっちゃかわいいわー。

みてこのこー ほんまかわいいわー。」

 

と言ってくれる女の子が1人いて、

さくらが周りをうろちょろするのを容認してくれた。

 

 

 

 

「はい。どーじょ。」

 

缶蹴り用の缶のセッティングを手伝う。

しかし缶の中にはさくらが詰めた砂がいっぱい・・・

 

途中「おちゃのむー おちゃあるー?」と私の所に来たので

かわいいって言ってくれたねー。よかったねー。

と言うと

 

「うん。さーちゃんかわいいもん。」(えっへん)

 

って返事が返ってきた。

 

なんだその自信は。

 

 

 

***

 

 

家に帰るとすぐにさくらの古い靴をぶしっと捨てた。

いい靴をどんどん履いてくれ。

 

*さくらに買った靴はアシックスの「すくすく」という靴。

 

 

 

10年以上前に買ったものと同じモデルがあるのにびっくりした。
いいものは長く売れるってことなんだろうな。

 

ただこれは甲が高い息子の足には合わなかった。




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


 

さくらの足の親指の爪の形が変なことに気がついた。

 

爪の真ん中がマイナスのドライバーで叩かれたようにへこんでいて

そこの爪が薄く割れてはがれている。

でも左足だけ。右足はなんともなってない。

 

えーっと、これは・・・

 

靴が悪い?

それとも他に原因がある?

 

 

特に痛がってはないけど、もし靴が原因なら

ほっといたら悪くなるだけだろうし

このまま様子を見るにしても外を素足で歩かせる訳にもいかないし

 

むーんむーん

 

と悩んだ結果、新しい靴を買うことに決定。

 

今までさくらの靴は適当にそこらへんの店で安いものを買っていた。

子供の靴は慎重にしっかり選ばなければならないことは知っていたけど

まだまだ大丈夫やろ~と先送りにしていたのだ。

 

でも今、さくらはかなり外で遊んでいる。

公園に行くとずーっと走っている。

そろそろきちんとした靴を買ってやらねば。

 

 

という訳で、まずはネットで検索。

その中からよさそうなアシックスの「すくすく」

という靴を見に行くことにした。

 

近所のベビザラスにあるというのでさっそくゴー。

 

 

えーっと、あったあったこれこれ。

 

これのー 16cmはないのかな。軒並み15cmなんだけど。

もしかして16cmはベビーじゃなくてキッズ?

 

店員さんに聞くと16cmのピンク色が一つだけ出てきたので

それを履かせてみてさくらの感想を聞きたいんだけども

 

なぜかさくらさん、ちょーご機嫌ななめ。

 

「いや!さーちゃんはかない! いたいいたい!

いたいこのくつ! いたいからはかない!」

 

まだ履いてませんがな!

 

とさっぱり協力してくれないので、中敷を足にあわせて

 

「16cmで大丈夫でしょう。この靴は甲が高い子には無理なんですけど

この子は幅が広い割に甲が薄いのでこの靴いいと思いますよ。」

 

との店員さんの言葉を信じて1足購入。

 

 

さくらは「みずいろがいい! ぴんくはいや!」とゴネまくり。

 

ああそうか。色が気に入らなかったのか。

でもピンクしかないんだって。ピンクもかわいいよ?

 

それより子供の靴に5,700円だってよ。ひょえー

 

家に帰ってご機嫌の直ったさくらに履かせてみると

ピンクもかわいいじゃん。と思ったのか

 

「これいい! さーちゃんぬがない!

いたくない! かわいい! これさーちゃんの!」

 

とえらく気に入った様子。

そりゃこんだけ高いんだから気に入ってもらわなくては。

 

で、16cmで丁度よかったので

さくらの欲しがっていた水色をネット通販で購入。

 

これで爪が元通りになればいいけど。

 

 

じゃなくて家の中では脱いでくださいよ。

 

「いや!ぬがないの!」

 

なんなのもー!

 

 

さくらに買ったのはこのシリーズです。

 

 




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


 

2歳になって「まだオムツしてんのか!」

という周囲の声がうるさくなってきたので

さくらのトイレを購入。

 

オマルから補助便座までステップアップするやつ。

 

 

Amazon 楽天
コンビ Combi トイレトレーニング ベビーレーベル おまるでステップ レーベルオレンジ (LO) (6ヶ月頃から対象)

 

 

 

実は購入したのはしたけど、あまり乗り気じゃなかった私。

 

だってめんどくさいじゃん。

オムツの方が断然楽じゃん。

 

そんな私に届いたその箱は、思った以上に大きかった。

 

これはちょっと邪魔だぞ。

 

と思いながら箱から取り出していると

「んーちっち!」と言いながらさっそくまたごうとするさくら。

 

え!? なんでトイレって分かるの?

 

ちょ、まってまって。

まだ説明書も読んでないし持ち手を組み立ててもないから。

 

はい降りて降りて。

 

えーっと、まず取っ手をつけます。

ふむ。

 

ドライバーでぐりぐり取っ手をつける。

 

って、そんだけか。

 

デザインはかわいいんだけどやっぱりオマルはオマルだな。

 

私はオマルとして使いたくないので(処理がイヤ)

最初から補助便座+踏み台として使うんだけど

まだまだトイレトレーニングをするつもりなんかない。

 

一応買っといただけ。

 

組み立てるとさくらがまたいで遊んでいたので

オマルの形のままそこらへんに置いておいた。

さくらが飽きたらまた箱へしまうつもりで。

 

 

しかし、だがしかし!

 

そのままオマルをオマルの形で放置して

いつものようにさくらのオムツを交換しようとして

ズボンを脱がせてオムツを取ったときだった。

 

いつもはじーっと転がっているだけのさくらが突然起き上がり

ささっとオマルにまたがったかと思ったら

 

じょじょー

 

・・・・

 

ちょ!え!?はぁ!?

 

あんたどこでおしっこしてんのよー!

 

と一瞬言いかけたけどこれは正しい場所だ。

いやでもオマルにしてほしくない。

できればトイレで。

 

いや、今はそんな場合じゃないな。

ほ、ほ、褒めなければ早く。←プチパニック

 

「でたよー!」

 

で、でたねぇ。おしっこでたねぇ。

すごいねぇ。ぱちぱちぱちぱち  ←我ながら褒め方がなってない

 

「でたねぇ♪」

 

娘はささっとオマルから降りて

自分のおしっこをとても嬉しそうに見つめていた。

 

・・・・

 

意図せぬうちにトイレトレーニング開始!?

 

うわーめんどくさー

2歳半くらいからでいいと思ってたのにー。

 

でもせっかく自分からやってるんだから

それを邪魔しちゃいかんよな。

 

で、とりあえず私は何をすればいいんだろう・・・?

 

そしてこのオマルの中のおしっこをどうすればいいんだろう。

トイレに捨てるのよね?

 

そのあとは?オマル洗うの?どこで?

洗面所?お風呂?

 

いやだから、それがイヤなんだって。

最初からトイレでしてほしいんだけど。

 

えーっとえーっと

 

 

まだオムツ履いといてー!←本音




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


 

昨日、さくらが須磨の水族園で一度だけ吐いたけど

そのあとはケロっとなんともなさそうだった。

 

先月の胃腸炎での入院さえなければ

ここまで怖くはなかったかもしれない。

 

それまではさくらが熱を出してもこんなに怖くはなかった。

 

私はさくらが心配なのではなくて

さくらの病気が怖い。

さくらの具合が悪くなるのが心底怖い。

 

さっきまで元気だったのにあっという間に

どこかに連れて行かれそうなほど衰弱する姿が本当に恐ろしい。

 

常に動機がしている感じで

胃のあたりをぎゅっと掴まれているようで

時々深呼吸をしていないと苦しくなるほど。

 

先月のさくらの入院前後はお腹が空くという感覚がなく

何か食べないといけないという義務感だけだった。

 

そのおかげで免疫力がなくなって

私も胃腸風邪をもらってしまったんだけど・・・

 

 

でも今回のさくらはいつも通り食欲もあって元気。

 

ドキドキして大変なのは私だけ。

 

 

昨日外出から帰っていつも通りご飯を食べて

お風呂も機嫌よく入って寝たさくらが

 

夜中にほえっと寝ぼけて声を出しただけで

がばっと飛び起きるくらい神経過敏。

 

それからさくらの様子が気になって

一睡もすることができなかった。

 

 

朝ごはんのあとに「だっこ~」と言われると

食べたからしんどくなったのかな?

やっぱり具合が悪いのかな!?とびくびく

 

いつものお昼寝より早く「ねむい~」と言えば

これから熱でも出るんだろうかとはらはら

 

本当に寝てしまったら今度は寝ている様子が気になって

寝室から出られなくなってしまう。

 

さくらは気持ちよさそうにすやすや寝ているといのに。

 

 

はぁ。しんどい。

しんどがる意味なんかないのは分かってるけどしんどい。

 

 

そういう訳で今日は外出する気力がなかったので

昼から箱積みをして遊んだ。

 

「大きさが違う10個の箱」というだけのおもちゃ。

入れ子になっていて、片づける時は大きな箱1つ分におさまってくれる。

 

大きいものの上に小さいものを乗せるとか

端っこじゃなくて真ん中に乗せるとか

 

最初はそういう工夫をまったくしなかったのに

 

何度も何度も崩れたり落っこちてきたりを繰り返すうちに

箱同士をじーっと見つめて選ぶようになり

ゆっくりそーっと乗せるようになり

 

自分が満足したら私の顔を見て

「えっへん」のポーズをしたりして

 

なかなか賢いやん。と親バカ炸裂。

 

*アスペルガーが分かりにくいのは、こういう感じで

コミュニケーションをきちんと取っているように見えるからです。

目線も合うし、一緒に楽しむこともできます。

でもさくらの自閉度は高いんです。

見た目の印象で「分かってるはず。できるはず」と思われます。

 

 

そうやって一緒に遊んでいてもやっぱり私はドキドキ大変。

 

この日もさくらは何事もなく過ごして

朝までぐっすり寝てくれて

ようやく私のドキドキもおさまった。

 

子どもの病気ひとつでこれだけ神経質になってたら

体が持たないよね・・・

 

は~しんど。

 

 

 


 

DJECO ジェコ 10キューブブロック マイフレンド

 

同じものがないかと探したけどなかった。

どこで買ったかも覚えてない・・・

 

でもさくらが遊んでる箱は↑こんなやつ。

 

このおもちゃも良く遊んだもののひとつで、

ぬいぐるみの家になったり、踏み台になったり、

ビー玉を隠して「どこでしょう?」の遊びをしたり、

 

アイデア次第でいろいろ遊べる優れもの。

 

ちなみに中学になった今でも娘の部屋に飾ってある。

弟に譲るのはイヤなんだって。

 




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


 

さくらがすっかり寝てから

枕元にそぉ~っとプレゼントを置いてみる。

 

わー。親になった気分ー。(既に親ですよ)

ではおやすみなさーい。

 

 

そして翌朝。

 

 

「おかーしゃ!おかーしゃ!」

 

「んーんーんー!」

 

「あい。こえどーぢょ!」

 

「どーぢょ!どおーぢょー!」

 

 

なに?さくら。なにうるさく言ってんの?

まだ早いからもうちょっと寝ようよ・・・

 

(プレゼントのことをすっかり忘れている私)

 

 

「あいっ こえ!」

 

「こえぇっ!」

 

 

ぬぼっと目を開けてみると

さくらがプレゼントの箱を持ってやたらと興奮している。

 

 

あ!プレゼントだね。

 

でもこれはかなり予想外。

 

さくらの方が先に見つけて興味を示すとは思っていなかったから。

私が「ほらプレゼントがあるよー」って言わないと分からないだろうなと、

それでも中を見せるまでは見向きもしないだろうなと

勝手に想像していたから。

 

なのにこんなに食いついてくれるとは!

 

 

ちょっとうれしい♪

 

 

わー。なんだろうねー?

音がするね。

 

「うん!」

 

いい子にしてたからサンタさんが来てくれたんだねー。

よかったねー。

 

「うん!」

 

開けてみる?

 

「うん!」

 

 

中身は転がすとオルゴールが鳴る木の車なので

箱をガタゴトするだけで「ぴろん♪」とかちょっと音がする。

 

それもさくらにはわくわくらしい。

 

 

箱のふたを開けてやると自分で引っ張り出して

「ぶーう!」と言ってすごい集中力で研究していた。

 

朝ごはん作るのにおとなしくて助かった。

 

でも「子供の喜ぶ顔見たさ」という親の気持ちが分かった気がする。

こっちまで嬉しい気分になるから。

 

 

しかし、さくらがサンタさんのプレゼントにいいリアクションをくれたのは

これが最初で最後だった・・・

しだいに「欲しいものがあって当然」という態度になってゆくのです。

 

 

 

 


 

森のメロディーカー(曲名:トトロ) BA-21

さくらに購入したものはもうなくなっていたけど、

トトロの曲の車を発見!(さくらのは「星に願いを」)

 

あの時これがあったら絶対トトロを買ってただろうに。

 

これ、車をころころ転がすとオルゴールが鳴るんだけど

そのまま逆方向にころころしても曲がちゃんと続くというすぐれもの。

 

早く転がせば曲も早くなり、

ゆっくり転がすと流れる曲もゆっくりになるから

聞こえ方が違うと気付いたさくらは、

早くころがしたり、ゆっくりにしたり、

壁に当ててみたり、ひっくり返してみたり

いろんな転がし方をして楽しんでいた。

 

いろいろ工夫できるようになると

自分で紐をつけて引っ張ってみたりも。

 

ある程度の重さがあって、つくりもしっかりとしていて、

さくらがかじりついてもへこむことなく、

12年経った今でもどこも壊れることなく

今は車好きな息子がかなりハードな使い方をしているけど

それでもまだ現役。

 

これはおもちゃとして使わなくなっても

インテリアとして置いとく予定♪




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


 

雨が続いて家の中ばかりで遊んでいたある日、

机の下に入れられたおもちゃを片づけていると

頭の上からさくらの声がした。

 

上?

 

不思議に思って振り返ると、

さくらがベビーベッドの上にいた。

 

え?

 

どうやってそこに上ったの!?

 

踏み台になるようなものはないし、

足をかけるようなところも見当たらない。

 

ご機嫌でベッドの上をたかたかしているさくらを

ちょっとごめんよと抱きかかえて下し、

 

もう一回上ってみて?

 

と促してみた。

 

 

すると、まず下げている柵の上部をしっかりと持って

下部に足をかけてから、ベッドに足を乗せる。

 

そしてよっこらせと体を持ち上げて

柵の上を超えてゆく。

 

おお。ぱちぱちぱち

 

 

じゃなくて!

 

 

簡単に上がったけど、ひとりで下りられるの?

ちょっと下りてごらん。

 

見ていると、体を反転させながら

器用に柵を乗り越えてベッドに足を乗・・・

 

 

ベチ!

 

 

あ。落ちた。

 

 

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁん!」

 

あ。泣いた。

 

 

よしよし。びっくりしたな。

上手に落ちたから怪我はしてないよ。

 

危ないからもう上がるのはやめ・・・

 

 

あっさり復活したさくらは再びベビーベッドへ。

 

 

落ちたけどまた上るということは、

危ないよとか、痛いよは通じないということだ。

 

これは危険すぎる。

 

とりあえずは柵を持ち上げておけば防げるかなと思ったら

柵の縦の棒を持ってベッドに足をかけようとする。

 

危ないから!!

 

柵のロックは簡単な金具で止まってるだけなので

さくらが体重をかけていると壊れるかもしれない。

そうなると怪我をする。絶対する。

 

夜はベビーベッドで寝てくれた方が楽だけど、

片づけるしかないのか・・・

 

 

 

*音声は消してあります

 

 

ちなみにこれ、初めて上がった日の動画。

絶対今まで見てないところで練習してたでしょ!

と思うほど手馴れてるように見えるのは気のせいか。

 

そのうちしようと思って後悔したくないので

ベビーベッドはさっさと片付けた。

 

この日からダブルベッドに私とさくら、

夫は別室に布団を敷いて寝ることになった。

 

 

 

 

 


 

動画の中に見えるのは

マジックテープでくっつけたり剥がしたりできるおもちゃ。

 

青いのは英語で

「今日は何年何月何日何曜日。天気は晴れ。季節は秋。」

などが選んで貼れるようになっている。

 

 

 

 

赤いのは数字。

 

 

さくらはこれを全部剥がしてベッドと壁の隙間に落とす

という遊びを延々と繰り返したり、

パーツをいろんなところに隠したりしたので

パーツの小さい青い方が先にその機能を失った。

 

赤い方は指先を使って出したり入れたり、

数を数えながら張り付けたりといった

本来の使い方ができるまで持ちこたえてくれた。

 

こういうものはパーツは大きく!

 




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


 

今までは抱っこ紐で抱っこして

とことこ歩いて買い物に行っていたのだが

 

突然さくらが外の世界に目覚めてしまった。

 

あれも触りたい!これも触りたい!

ええい抱っこからおろせ!

私は自分で歩きたいんだ!!

 

とばかりに大きな声をあげて(泣いてはいない)

手を懸命に伸ばしていろんなものを触ろうとする。

 

これがかなりきつい。

 

力の限り動く8.5kgの物体を常に体にくくりつけているのは

内臓にも、あばら骨にも、腰にも、膝にも大ダメージ。

 

さらに不平不満のおたけび。

「あああああ!」だの「いいいいいい!」だの

とてつもなく大声で叫ぶので、注目の的だ。

 

それがずっと。

 

んきー!んきー!言ってる8.5kgを抱えて買い物。

ぐぎぎぎぎぎ!と手足を伸ばして反り返る8.5kgを抱えて歩く。

 

 

やってみて!

世の中のお母さん尊敬するわ!

(いや普通はもっとおとなしく抱っこされてるんだろうけど)

 

 

でも、もう無理。ぜーぜー

 

 

この頃我が家はマンションの3階で、

しかもエレベーターなしという環境。

 

ベビーカーを使うには、さくらと荷物とベビーカーを持って

階段を下りるという難関がある。

しかも買い物をして帰ってきたらそれに買い物袋がプラスされる。

 

ということは

 

とにかく軽いもの!

そして片手で開閉できるもの!

 

 

この条件を満たすものをあれこれと探して

やっとたどり着いたのがこれ

 

「コンビのオートキッズネオ」

 

画像なくてすいません。

ベビーカーが全部写ってる写真がなくて。

 

 

見た目はごちゃごちゃしていて重そうに見えるのに

ひさしや下のかごをつけても4kgほどという軽さ。

 

加えて片手でひょいぱくんと二つ折りになり、

リュックのように背負えるという優れもの。

 

 

今まで対面抱っこで周りがよく見えなかったさくらも

(反対向きに抱っこすると死にそうに重かったんだもの)

この乗り物にはびっくりしたらしく、

手も足もバタバタさせて

「ひゃ~♪」と甲高い声まであげて喜んでいる。

 

そうかそうか楽しいか。

お母さんもこれでちょっと楽になるよ。

よかったよかった。

 

 

だがしかし。

 

 

 

やっぱりかじるよね。

フロントガードを常にがじがじ。

 

使ってみた感じはまぁまぁか。

他のを知らないから比べようはないけど

ちゃんと片手で開いたり閉じたりできるし

肩にかけて持ち運ぶのにもそう重くもなく。

 

ただ日除けに覗き窓は欲しかったな。

押してると娘の様子がまったく見えない。

ケチらずにワンランク上を買えばよかった。

 

あと気がついたのは近所の道が悪すぎる事。

ちょっと斜めになってるとそっちに転がるし

ちょっとでこぼこがあるとガタガタするし

側溝に縦線の蓋がしてあればそれに車輪を取られるし

段差があるとひっかかるし。

 

家からスーパーまでのほんの短い距離でも

障害物は結構あった。

 

車椅子の人は大変だろうな。

 

 

 

 


 

これにさくらは3歳になってもまだ乗っていた。

というか無理やりねじ込んで乗せていた。

 

歩かせるとぴゅ~っといなくなるから・・・

 

まぁその話はまたおいおい。

 

それだけ酷使したのにどこも壊れず、

息子も使い倒して今は屋根裏で眠っている。

(まだ使うんかい)

これはいい買い物だった。




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


 

昼寝からは機嫌よく起きるのに

朝は泣いて起きることが多くなった。

 

なぜだ

 

 

いつもと違うことが起きた時には

いつもと違うところを見つければいい。

ひとつひとつ丁寧に。

 

 

いつから?

寒くなってから。

 

機嫌よく起きる昼と、泣いて起きる朝と何が違う?

寝ている場所と着ているもの。

室温はそんなに違わないはず。

 

昼は綿の服と羽毛布団(私のベッド)

夜はフリースのパジャマとポリエステル布団(ベビーベッド)

 

服がフリース。これか?

ポリエステルの布団。それともこっちか?

 

 

でも肌着は綿だし、

お風呂から出てフリースを着せても

寝るまではそんなに機嫌は悪くない。

 

そういえば夜中に起きてぐずぐず言うときが何回かあった。

 

ポリエステルの布団とフリースで静電気?

いや、布団には綿のカバーがかかってるしな。

汗をかいても吸水性がなくて気持ち悪いのかな。

それとも暑すぎる?

 

 

うーん

 

 

といろいろ考えて、ためしに昼間着ている綿の服で寝かせると

機嫌よく起きる頻度が飛躍的にアップ!

 

 

綿ね!綿がいいのね!?

 

 

というわけで、奮発してオーガニックコットンのベビー服を購入。

肌触りというのはかなり重要らしくて、

高~級~♪ベビー服にかえたその日からぴたっと泣かなくなった。

 

衣類を変えるだけでこんなに機嫌が違うとは。

 

ちなみに購入したのはこの↓シリーズ。

 

 


 

ただやっぱり高すぎて、購入したのはこの時の2枚だけ。

 

ちんちくりんになるまで着たおしたけど。

 

 

 

 

感覚過敏

 

さくらは肌に触れるものへのこだわりが強く、

「ざわざわする」とか「しょわしょわする」とか

よく分からない表現で着ることができない服が多かった。

 

ストレスが多くてこだわりが強くなると

制服を着ることさえ拒むように。

 

私も着心地のいい服があればそれだけでいいので

基本洗い替えの2枚で十分だし、

気に入れば同じものを買いだめしていたりする。

 

某アニメで主人公が服を破いても破いても

次のシーンでは服が元通り。

何着同じ服持ってるんだ!

 

みたいなのを実生活でやっている私。

 

無駄がなくていいと思うんだけどな。

 




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


 

ひらがなの積み木を見つけて衝動買い。

 

まだ早いっつーの。

 

と思いながらも買っちゃったので広げてみる。

さくらはきゃーきゃー寄ってきてうはうは散らかす。

そして積み木の上をわしわし這いずり回る。

 

痛くないのかい?

 

私は小さい頃同じような積み木を持っていて

ドミノ倒しをしたり、タワーを作ったりして遊んでいた。

 

あー。これこれ。という懐かしさもあったけど

なぜこの積み木を衝動買いしたのかと言うと

 

● ひらがなが明朝体

● 書き順が書いてある

 

この2点!

 

最近のひらがな積み木にはかわいいものが多く、

平べったいのもあり、キューブ型のもあり、

同じひらがながいくつも入っていて

言葉作りの幅が広がるものもあるのだが

 

なぜかほとんどがゴシック体なのだ。

 

なぜ。

 

ひらがなを書く時には「はねとめはらい」が重要ではないのか。

 

「さ」の二画目はハネる。

「く」の最後はとめる。

「ら」の最後ははらう。

 

これを最初から目に触れさせておいて損はないだろう。

それにはやっぱり明朝体が分かりやすい。

 

 

それから、書き順。

 

これもまた書き順が書いてないものが多い。

ものすごく重要だと思うんだけど。

 

私自身が積み木でひらがなを書けるようになったので

この書き順も譲れない部分だった。

 

数字が分かり始めたと同時に

自然に書き順にも目が向くようになって

文字を習う前に勝手に頭に入ってしまうのだ。

 

書いてみよう!と思った時も

いつも遊んでいる積み木を並べて書き写すことができれば

遊びの延長で勝手に正しく書けるようになってしまう。

 

一石二鳥♪

 

にしても6ヶ月というのはやっぱり早すぎたか。

 

 

*ちなみにさくらは思惑通りにこの積み木を使ってくれました。

小学校2年生で弟ができた時も「あげたくない」と言ったほど。

 

 

 

さくらに買った積み木はどれだろう?と探したんだけど

同じものは見つからなかった。

13年も前だからかな。どこのか書いてないし。

 

でもさがしたら似たようなのがあった!

 

019 もじあそび #3500

 

 

最初の文字に○がついてるのがいいねこれ。

あとふたがないのもいい。

 

いつでも目についてすぐ手に取れるの大事。

 




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link