ベビーベッドに上る(1歳5ヶ月)


 

雨が続いて家の中ばかりで遊んでいたある日、

机の下に入れられたおもちゃを片づけていると

頭の上からさくらの声がした。

 

上?

 

不思議に思って振り返ると、

さくらがベビーベッドの上にいた。

 

え?

 

どうやってそこに上ったの!?

 

踏み台になるようなものはないし、

足をかけるようなところも見当たらない。

 

ご機嫌でベッドの上をたかたかしているさくらを

ちょっとごめんよと抱きかかえて下し、

 

もう一回上ってみて?

 

と促してみた。

 

 

すると、まず下げている柵の上部をしっかりと持って

下部に足をかけてから、ベッドに足を乗せる。

 

そしてよっこらせと体を持ち上げて

柵の上を超えてゆく。

 

おお。ぱちぱちぱち

 

 

じゃなくて!

 

 

簡単に上がったけど、ひとりで下りられるの?

ちょっと下りてごらん。

 

見ていると、体を反転させながら

器用に柵を乗り越えてベッドに足を乗・・・

 

 

ベチ!

 

 

あ。落ちた。

 

 

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁん!」

 

あ。泣いた。

 

 

よしよし。びっくりしたな。

上手に落ちたから怪我はしてないよ。

 

危ないからもう上がるのはやめ・・・

 

 

あっさり復活したさくらは再びベビーベッドへ。

 

 

落ちたけどまた上るということは、

危ないよとか、痛いよは通じないということだ。

 

これは危険すぎる。

 

とりあえずは柵を持ち上げておけば防げるかなと思ったら

柵の縦の棒を持ってベッドに足をかけようとする。

 

危ないから!!

 

柵のロックは簡単な金具で止まってるだけなので

さくらが体重をかけていると壊れるかもしれない。

そうなると怪我をする。絶対する。

 

夜はベビーベッドで寝てくれた方が楽だけど、

片づけるしかないのか・・・

 

 

 

*音声は消してあります

 

 

ちなみにこれ、初めて上がった日の動画。

絶対今まで見てないところで練習してたでしょ!

と思うほど手馴れてるように見えるのは気のせいか。

 

そのうちしようと思って後悔したくないので

ベビーベッドはさっさと片付けた。

 

この日からダブルベッドに私とさくら、

夫は別室に布団を敷いて寝ることになった。

 

 

 

 

 


 

動画の中に見えるのは

マジックテープでくっつけたり剥がしたりできるおもちゃ。

 

青いのは英語で

「今日は何年何月何日何曜日。天気は晴れ。季節は秋。」

などが選んで貼れるようになっている。

 

 

 

 

赤いのは数字。

 

 

さくらはこれを全部剥がしてベッドと壁の隙間に落とす

という遊びを延々と繰り返したり、

パーツをいろんなところに隠したりしたので

パーツの小さい青い方が先にその機能を失った。

 

赤い方は指先を使って出したり入れたり、

数を数えながら張り付けたりといった

本来の使い方ができるまで持ちこたえてくれた。

 

こういうものはパーツは大きく!

 




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link