泣く

オムツをかえる

ミルクを飲ます

ゲップさせる

オムツをかえる

抱っこしてゆらゆらしてると寝る

ベッドに置く

 

ぐずぐずいう ←ここ!

 

いや、そこ寝るとこ!

オムツきれい!お腹いっぱい!空調よし!

 

なんで寝ないの?

ミルクをこれ以上増やすのは無理だし

(缶に記載されてる何ヶ月何ccをかたくなに守る私)

 

抱っこ?抱っこなの?

 

抱っこするとおとなしくなる。

ゆらゆらさせるとすぐ寝る。

ベッドに置く。

 

ぐずぐず起きる ←これ!

 

なぜ!?

 

 

NICUではいつもよく寝てたのに。

何が違うんだろう。

 

やっぱりあれか。

 

うつぶせ寝か。

 

「うつぶせ寝にはしないでくださいね。

もう呼吸が止まることはないと思いますが念のため。」

 

って言ってたな先生。

これは病気があってうつぶせ寝がダメなんじゃなくて、

突然死とか、万が一のためにしないでくださいって意味だよな。

 

じゃぁちょっとだけなら。

 

 

さくらを持ってくるんとひっくり返す。

NICUでよく見ていたうつぶせ寝のスタイル。

ぽんぽん

 

「すぴー」

 

って一瞬で寝たよちょっと!

なにこれ?うつぶせ寝マジック!?

 

息が止まるのは怖いので、しらばく観察をして

よく寝たところで仰向けにひっくり返したけど

それで起きることはなくそのままよく寝てくれた。

 

うつぶせ寝すごい!

 

 

 

 

うつぶせ寝のメリット・デメリット

 

【メリット】

  • よく寝る。魔法かと思うほどよく寝る。
  • 消化を助ける。

さくらがNICUでうつぶせ寝にされていたのは、消化を助けるため。

うつぶせになることで胃の入り口が上に向くので、

ゲップが出やすかったり、吐きにくくなるという。

  • 頭の形が良くなる。

実際さくらはいぶきに比べて頭がまんまる。

 

 

【デメリット】

  • SIDS(幼児突然死症候群)の危険

仰向けで寝かせましょうと推奨されるようになってから、

SIDSが減少傾向にあるので、医学的な根拠はなくても

うつぶせ寝とSIDSとの間には関連性がある。

  • 窒息の危険

自力で寝返りができない赤ちゃんだと

布団や枕などで顔がふさがれ、呼吸困難になる。

 

 

私はこのデメリットを

「うつ伏せにしている時だけじーっと観察していればよし!」

とした。

私にはメリットの方が大きかったのだ。

 

ただしさくらだけ。

いぶきはうつぶせにするだけで息苦しそうだったから。

 

ということで、うつぶせ寝には向き不向きがあるらしい。

あんまりぐずぐず言う赤ちゃんはよく観察しながら

一度ひっくり返してみるのもいいかも。




応援クリックありがとうございます。


今の様子を配信中
メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link