「100玉そろばん」を購入した。

 

これはさくらが苦労して1から10まで並べたところ。

 

「赤をひとつ下さい」と言えば

ちゃんと赤を1つ横に移動する。

 

「オレンジをふたつ下さい」と言うと

オレンジを2つ横に移動する。

 

「黄色をみっつ下さいと言うと

黄色を3つ横に移動する。

 

分かってるね。

 

 

でも次の「よっつ」でひっかかった。

 

「よっつ」が分からないのかと思って「よん」と言い換えても同じ。

「ひとつずつ数えてみて」と言うと

 

「いーち にーい さーん しー ごー ろーく・・・

よんはどこ?」

 

さくらの中では「よん」じゃなくて「し」だった。

 

そこで、指を4本たてて「よっつ いち に さん よん 下さい」

と言うと、初めて4つ横に移動する事が出来た。

 

 

さぁここからが大変だった。

 

いっこずつ増えているというルールに気付けないのか

まだ数を数えるということができないのか

5こ下さいで5つ横に移動することができない。

 

いち、に、さん、し、ご。はい5だね。

 

なんて私がやってしまうと

 

「さーちゃんがやるの!!」と怒り狂うので

なんとかさくらがやったように見せなけなければならない。

 

さらにさくらが「やるー!やるのー!」(何を?)

と意地になってしまったので続けるざるを得なかった。

 

 

でもなんで?なんでこんな簡単なことができないの?

数は暗唱できるんだからそれに合わせて動かすだけだよね。

 

もしかして「ごーろくななはちきゅーじゅー」って続いてて

どこで切れるのか分かってない?

というかそもそも数だと思ってない?

 

どこでひっかかってんの!?

 

 

例えば「8」

 

8まで数えながら横に移動していたのに

まだ7つしか動いてなかったので

 

「ひとつ足りないよ。7しかないからもうひとつ」

 

と言うと、なぜだかどうしてだか

ひとつ元に戻して6にしてしまうのだ。

 

ちがうちがう増やして。と言うと

もう一つ戻して5になってしまう。

 

 

・・・・どこから教えれば?

 

 

それでも途中でやめようとしないさくらに

なんとかイライラを押さえつつ10まで付き合うことができた。

 

ぜーぜー

 

満足げに自分が移動したそろばんを眺めていたさくらが

 

「ねぇ おかーさん あかは ひとつでしょ?

しろも ひとつだよ? どーして?」

 

と聞いてきた。

 

まだ「みっつ」の概念しかない娘に分からないだろうと思いながら

 

「10は1と9なの。赤を1とったら残りは9。白を9取ったら残りは1。

だから赤は右にひとつ。白は左にひとつになるんだよ。」

 

と適当につらつらと答えてやったら

 

「へー。そうかー。」

 

なんて言っていた。

絶対分かってない。

 

 

5コずつ色が違うものもあったけど、10の束を教えたかったのと

私の好みでインテリアとしても機能しそうなこれにした。

 

 

*数の概念が分かってからは足し算、引き算あたりまでお世話になりました。




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link