さくらが突然覚醒した。

 

今まで公園に連れて行っても

自分から他の子に手を出したりしなかったのに

 

「これは邪魔な人間だ!」と気付いたかのように

いきなり一方的なコミュニケーションを取り始めた。

 

 

それまでは滑り台を滑ろうとして誰かが邪魔だと

ふいっと違う方へ走って行くか

お友達がいないかのようにふわふわ横入りをするか

不思議そうな顔をしてじっと見ているだけだったのに

 

今日は我先にと人を押しのけた。

 

え!?ちょ!

 

小さい子の胸を手で突いて「じゃま!じゅんばん!」と怒鳴ったり

滑った後は先を歩いている子を走って追い越して

私が!私が!と先に滑ろうとする。

 

順番を守るのはさくらの方でしょ!

 

なんなのいったい。それ誰の真似なの。

どこで仕入れたかしらないけどいきなりアウトプットしないで!

 

あんまりひどいので捕獲。

当然暴れるけど危ないので違う場所に移動。

 

ちょっともう今日は帰ろう。

どうやってその気にさせようかと考えていると

また違う遊具に突進。

 

さくらと同じくらいの子が遊具の階段を登っているのに

邪魔!と思ったのかいきなり後ろから抱きついてしまった。

抱き上げて動かそうとしたのかもしれないけど

そんなことできるはずもなく、一緒に後ろに転倒。

 

幸い1段目だったのと、後ろに私がいたのと

さくらがクッションになって抱きつかれた子は無事だった。

 

 

やばい。今日はやばい。

早く連れて帰らないとけが人が出る。

 

抱きつかれた子はきょとんとしてるだけで

また階段を上り始めたのでごめんね!と言って

すぐにさくらを追いかける。

 

ちゃんと謝らなくてごめんよどのママさんか分からないけどー

 

 

こらさくら!止まりなさい!

ちゃんとごめんなさいして!

 

と言う間にさくらは砂場へ。

 

遊んでいた子のスコップをぱっと取り上げて

いきなりバトル開始。

 

2つあるスコップを2つとも自分の背中に隠して

「だめ!こえかして!」と譲らない。

 

どっちもさくらのじゃないでしょ!

さくらのはちゃんとあるから!

 

「だめ!こえさーちゃんの!」

 

違うってほら返しなさい!

 

「さーちゃんの!さーちゃんの!」

 

とまぁすさまじかった。

 

 

思ってることをはっきり主張することは悪くないんだけど

お友達を手で押したり、力ずくで退かそうとしたり

人のものを「貸さんかいわれ!」という態度は良くない。

 

怒ってもダメだ。

おちつけ。ゆっくりやさしくだ。

 

言えば分かる。説明すれば分かる。

 

 

さくら、見て?これ見て?

ほら、今穴掘ってるみたいだよ。そのスコップで掘ってたんだよ。

でもさくらがいきなり取ったからびっくりしちゃったって。

 

お友達は穴をもっと大きくしたいなって思ってるかもよ。

さくらはそのスコップで何したいの?

 

「・・・・」

 

さくらも一緒に穴掘りしてみたいの?

お友達はスコップないと穴掘りできないね。

いきなり取ってごめんなさいしようか。

 

「・・・ごめんなしゃい」

 

スコップどうする?

 

「・・・はいどうぞ」

 

 

はぁぁぁぁ。疲れるわ。

 

で、結局スコップをぱっと返した後は

砂場で遊ぶことなく違う方向へ走ってゆく。

 

 

今日はもう公園終了にしてぇぇぇぇ!!

 

 

このいきなり覚醒するのどうにかして。

 

絵にしても、ブロックにしても、

突然パチンとスイッチが入ったかのような成長見せないで。

 

・・・成長なのよねこれも。

 

 

 

 

さくら!ネコちゃん探しに行こうか!

今日もどこかにいるかもよ!

 

「ねこちゃ~ん」

 

ほらこっちこっち。前はこっちにいたね~

 

「ねこちゃんどこ~」

 

 

いや、これ、ネコにまでひどいことしたら引っかかれるよな。

と思ったけどネコ相手はいつものさくらだった。

 

怖い怖いもうこの子の成長怖すぎる。




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link