ペンタブ(ペンタブレット)とは、
専用のペンで専用のパネルに書くことで
マウスのポインタを動かせるというもの。

 

パソコンで絵を描く時なんかに使うものです。

 

で、さくらがこのペンタブを気に入ってしまった。

 

私がパソコンに向かうと当然のように膝に座り込み

立てかけてあるペンタブを取って

収納されているペンを引っこ抜いて

 

「かきかき~」

 

とお絵かきソフトの立ち上げを要求する。

 

お絵かきソフトを使っている間は他のソフトは使えない。

もちろんネットもできない。

マウスも使えない。

 

むぅ

 

さくらのお絵かきを眺めながら

 

「ちーろ」と言えば黄色に変えてやり

「あか」と言えば赤に変えてやり

「みどりー」と言えば緑にかえてやる。

 

1人で描いててねーと言っても

しばらくすると「あおー!あおー!」と呼ばれる。

 

好きな色のところにペンを持ってって押すだけだよ!

なんて言ってもまだ難しいらしい。

子供用のソフトじゃないしね。

 

使わせてみた私が悪いのか・・・

 

お絵かき好きだもんね。

 

傘で色を教えようとして失敗したけど

(しばらく傘=赤になっていた)

クレヨンであっという間に色を覚えて

「あーか♪」と言いながら自分で選んでる。

 

だからさ、パソコン使わなくてもお絵かきできるじゃん。

お絵かき帳とクレヨン出すからさ

お母さんにパソコン使わせてよ。

 

「んや!」

 

分かって返事してんのかな。

 

「あーお!」

 

はいはい。青ね。

ぽち。

 

「じょーじゅ!」

 

うん。上手だね。すごいね。←棒読み

 

完成?と聞いたら「ん!」と満足そうに言った1枚がこちら。

(背景は最初から色をつけてた)

 

 

何描いたの?と聞くと「まめ!」だって。

どこら辺がまめなんだか。

 

はいじゃぁおしまいね。

次はお母さんのばん。

 

「っかい!っかい!」

 

もう一回描くの?

 

「うん!」

 

え。これもしかしてお絵かき帳みたいに

何枚も何枚も何枚もってパターン?

 

しかもパソコンには終わりがないぞ!?

よし。線を太くしてすぐ画面いっぱいになるようにしよう。

 

「みどり!」

 

はいはい。緑ね。

ぽち

 

「ちーろ!」

 

はいはい。黄色ね。

ぽち

 

「ぴんく!」

 

へいへい。ピンクね。

ぽち

 

できた?

 

「ん!」

 

 

はいじゃぁおしまいね。

次はお母さ・・・

 

「っかい!っかい!」

 

ええええええ

 

 

 

ただ眺めてるだけでは面白くないので

ちょこちょこ色を塗ってみたり・・・

 

誰ですかさくらにペンタブなんか教えたのは!

私だ!

 

と、この時はこの重要さにまったく気付いてなかったけど

これじつにもったいないことをしていた。

 

「誰かと一緒に楽しむ」という

さくらには難しい療育をするチャンスだったのに!

 

ってこの時は障害に気付いてなかったんだから仕方ないけど

多分もっと普通のお母さんだったら

「一緒に」楽しんだんだろうなぁと思ってしまう。

 

私はただただ「早くどいて」としか思っていなかった。

 

だからペンタブを見せるとダメだな。

見えないところにしまっておこう・・・

 

なんて行動に出てしまって、さくらの作品はここで止まっている。

あーあもったいない。




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link