さくらとお昼ごはんを食べながら

何の気なしにテレビのチャンネルをぴこぴこかえていると

どこかの広大な大自然が映った。

 

「それ!それがいいの!」

 

「それみうの!」

 

とさくらが言うので大自然を見ながらの食事。

 

きれいな風景。険しい山々。

自然の中でたくましく生きる人々。

ヒマラヤかな。ヤクがいるね。

 

「もーもーしゃん!」

 

・・・・

 

これ映画じゃないか。

ドキュメンタリーかと思ったのに。

 

BSなので字幕。

映画名もそのまま「キャラバン」。

 

地味だ。地味すぎる。

 

ヤクに乗って塩を運ぶために険しい道を歩く。

ひたすら歩く。

 

途中狭い狭い崖の道からヤクが落っこちたり

猛吹雪の中を凍えながら進んだり

 

なんつーか、壮大なんだけど

 

2歳児が見る映画か!?

 

 

でもさくらは

 

「あえたね よかったね。よくきたねっていってるね。」とか

「いっしょにいこうよっていってるね。」とか

「じーちゃん しんどいようって いってるね。」とか

 

いちいち解説を交えながら、

お昼ご飯が終わっても最後まで飽きずに見ていた。

 

でもヤクは最後まで「もーもーしゃん」だった。

 

 

そして長い長い道を歩いていくエンディングをしっかり見て

 

「もういっかいみう!」

 

と言ったのだ。

 

ごめん。DVDじゃないからもう一回見れないんだよ。

 

私はこういう映画嫌いじゃないけど

一般受けするとは思えないし

ましてや2歳児が最後まで飽きずに見る映画ではない。

ぜったいない。

 

なんなのさくらって。




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link