「こえ!こえ!」

 

え?何?

 

「こえ!ちーする!」

 

さくらが指差しているのは、オマル!

 

座りたいからズボンをオムツを脱がせろってことだ。

 

 

・・・・めんどくさい。

 

 

そのまま座ってもいいよ。

 

「んーん!」

 

力強く否定ですか。

 

 

出もしないんだから脱がなくていいよ。

自力で出せるようになってから始めようよ。

何の意味があるんだよまったくもぅ。

どうせまた床を濡らすだけなんだから。

掃除するのお母さんでしょう。

気が付かなかったら自分のおしっこで遊ぶしさ。

 

なんて娘に向かっては言えないので心でつぶやく

 

まぁ要するに私が面倒なだけなんだけど。

 

 

「こえ!ちーするの!!」

 

あーはいはい。

 

オムツを脱がせてシャツが濡れないように背中で束ねてゴムでくくる。

さぁどぞお座りください。

 

「んー!」

 

「んんー!」

 

「でないねぇ!」

 

いや、あのさぁ。

おしっこは力んだら出ないよ?

もっとこう・・・なんつーか・・・筋肉をゆるめて

 

「んんんー!」

 

おしっこを出そうときばる娘。

 

違う。違うったら。

顔に力入れたっておしっこは出ないよ。

 

 

散々力を入れまくっておしっこが出なくて

ちょっとあきらめて立って歩くと

お決まりのようにシャシャーっと出る。

 

あ。でたでた。

 

出てよかったね。

力をゆるめたから出たんだよ。

 

「でたねぇ♪ よたっかねぇ♪

いーっぱいでたねぇ♪ よかったねぇ♪」

 

・・・・よかったねぇ。

 

しばらく下半身すっぽんぽんでいさせて観察。

 

尿意はあるらしくささっとオマルに座る。

そしてオマタを覗き込んで「んー!」と力む。

 

当然出ない。

 

仕方ないので立つ。

シャシャーっと出る。

 

の繰り返し。

 

「おかーしゃーん しっこ でたおー♪」

 

お、教えてくれてるだけいいのか・・?

 

いや、私としてはオムツを履いていただきたい。

 

さくら、さくらはおしっこトイレでできないよね。

床が濡れちゃうでしょ?

 

「・・・・」

 

だからオムツを履いて欲しいんだけど。

 

「ンヤ!」

 

お尻丸出しカッコ悪いよ。

誰かがこんにちはーって来たらびっくりするよ。

 

ほら、オムツさんも履いて欲しいなーって

 

「さーちゃん!ボクをはいて!」←オムツにしゃべらせる

 

「・・・・」

 

「さーちゃんにはいてほしいな~」

 

「・・・・いいよ」

 

 

いいんかい!

 

 

「やったー!ありがとう!」←喜ぶオムツ

 

 

いや、なんか、絶対方向が違うと思うんだけど、

でも私はもう、オムツを履いといていただきたいと!

 

 

しかし数時間もすると

 

「こえ!さーちゃんちーする!こえ!」

 

とオマルを指さされるのであった。

 

 

以下繰り返し。

 

 

オマル片づけて見えなくしようかな。←どんどん方向が違う




応援クリックありがとうございます。


今の様子を配信中
メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link