さくらの社会性をちょっとどうにかしないとな。

同年代のお友達と関わりがないまま育ったからだろうか。

 

このまま幼稚園に入れたらまずい気がする。

 

ともんもんとしながら日課の公園へ。

 

 

いつものようにさくらの後をついて歩いてると

わさわさととこからともなく親子連れが増えてきて

いつもではありえない人数になった。

 

え?何?今日なんかあるの?

 

と思ってたら子育て支援センターという所から

スタッフが出張サービスにやってくる日だったらしい。

 

なんでみんなそんなこと知ってるの。

どこでその情報手に入れるの。

 

そもそも子育て支援センターって何!?

 

 

 

「はーい!みんなー!こーんにーちはー!」

 

おおう。歌のお姉さんか。

 

「きょうは~さいしょに~音楽をかけてみんなでおどりま~す!」

 

気恥ずかしくて後ろの方でこそっと見ている私と対照的に

みんなの一番前に立ってお姉さんとまったく違う身振りで

音楽に合っているのかいないのか、体を動かしているさくら。

 

すごい。

 

お人形遊びの時も

「これはなにかな~?」との問いかけに

 

「りんごぉー!」とか「ばななぁー!」とか

とにかく大声で叫んでいるのがさくら。

 

なんか、ほんとにすごい。

 

私はあんなタイプじゃなかった。

みんなと一緒に踊りたくても恥ずかしくて

それが何か分かってても大きな声で叫んだりできなかった。

 

義母から聞く範囲では夫も前に出るタイプではなく

どちらかと言えばお母さんの影に隠れる子だったようだ。

 

いったい娘はどこのどの血を受け継いでるんだろう。

あの物怖じしない性格はいったいなんなんだろう。

 

「はーい。じゃぁ次はお母さんと一緒に遊びましょう~♪」

 

と言われたときも、さくらは振り返りもせず

お母さんを探す素振りさえ見せず

 

「はい!お母さんとぎゅぅ~♪」

 

とお姉さんが自分の体を自分でぎゅうしているのを見て

さくらも同じように1人でぎゅうっとしていた。

 

それでいいのか!?

 

 

すごいんだけど、でも、他の子とあきらかに違う。

いいところでもあるんだろうけど、でもどうなの。

 

子育て支援センターというところは

就学前の子なら親子で自由に遊べる場所らしい。

今日見た限りではさくらも楽しめそうだ。

 

そういうところで少し社会性を学んで

それから幼稚園に入れた方がいいかもしれない。

 

ちょっとさすがに人付き合いが苦手とか言ってないで

少しは動いた方がいいのかもしれない。




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link