5分じっとできない(4ヶ月)


今はもうないが、さくらの小さいころはツベルクリン注射というものがあった。

 

ツベルクリン注射は結核の診断につかうもので、

ぷちっと注射されたところがどのくらい腫れるかで判定される。

 

そこで「結核にはなってませんね」と判断されると

初めてBCGの予防接種をするという

たいへん面倒くさいものだった。

 

ツベルクリン注射では熱も測らず「元気ですか?」という

えらい簡単な問診だけで打ったのだが、

BCGの予防接種となるとそうはいかないらしい。

 

指定された時間に保健センターに行って受付をすると

「お熱を測ってください」と体温計を渡された。

 

その次に信じられない一言が

 

「5分間計測してくださいね」

 

は!? 5分? 5分って言った今?

 

5分も脇の下に体温計つっこんでじっとさせろと?

こんなちっちゃい子に何無理言ってんのこの人。

電子体温計よねこれ。30秒そこそこで測れるでしょ?

 

という思いで、「え?5分ですか?」と聞き返したんだけど

帰ってきた答えは

 

「はい。5分間計測してください」

 

だった。

 

マジかよ。

 

 

体温計をもらってさくらを抱っこして

ずらりと並んだパイプの空いている椅子に座りつつ

周りを見ると

 

みんなおとなしい。

 

じーっと抱っこされてる。

 

は? どゆこと?

なんでそんなにおとなしいの?

なんでみんな黙って抱っこされてるの?

 

 

周りを習ってさくらを横抱きにして体温測定開始。

 

しばらくはきょろきょろしてたけど

そのうちジタバタしはじめた。

 

だよねー!

 

ちょ、ごめ、じっとして。

ここ自由に動けないんだって。

あと4分がんばってじっとして! ←絶対無理

 

鍵を出してチャラチャラ見せる。

立ってみる。

歩いてみる。

 

けどもう「離せってんだうらー!」状態になってるさくらは

何をどうやったって見向きもしない。

 

たった4ヶ月の赤ちゃんでも本気でジタバタされると

体温計を持って腕を押さえ続けるのは無理。

 

抱っこじゃなくて床に置けばなんとかなるかも。

でもここ土足の床だし

 

あーーもーー 無理!

 

3分で計測断念。ぜーぜーぜー

 

何度?「37.4℃」

 

暴れるから高くなっとるがな!

 

 

案の定もう一回測ってくださいと言われて、同じことを繰り返す。

何か脇に入れられるとぎゅっと動けなくされると学習したさくらは

ふんふんと腹筋を繰り返し、

それでも逃げられないと分かると体をひねって抜けようとする。

 

どこに行くんですか!

 

ちょ、お願いだからじっとして!

これ終わったらぎゅっとするのやめるから。

これには理由があってだな!

 

と説明しても通じるはずもなく。

 

そして「37.5℃」

 

上がってどーする!

 

ちなみにさくらは泣いていない。

「んー!」という抗議の声を出しているだけ。

 

 

さくらがうねうねジタバタしているのを見かねて

 

「動いてるから高くなっちゃうのね~。

接種できる体温ギリギリだけど先生に診てもらいましょう。」

 

と医師にぴろぴろっと診察されてBCGの予防接種を受けることに。

 

「BCGで熱は出ないのでこのまま上がるようなら他の病気です。

その場合は病院に連れてってくださいね。」

 

と言われたけど、さくらは平熱が高いのでこのくらいは普通だ。

 

ちなみに私も体温が高いので、高校の時は「微熱があるので」と言って

ズル早退を・・・げふんごふん

 

 

 

で、そのBCG。

 

針がいっぱいついたハンコのようなものを

腕に塗った液の上から力の限りぎゅううううううっと

2回も押し付けるのだが、

 

1回目。自分の腕をじーーっと見たまま泣かないさくら。

ものすごく痛そうなんだけど、痛くないのかな?

 

そして2回目。ハンコを腕に近づけた途端

「うぎゃぁぁぁぁぁぁ!」と泣き出した。

 

あ。やっぱり痛いのね。

そのハンコはいやだ!の表現ね。

 

 

そしてこの後、再び恐ろしい指示が

 

「腕に塗った液に絶対に触らないでください。

服にもつかないように赤ちゃんの手を持っていてください。

自然乾燥するまで座ってそのままお待ちください。」

 

って、はぁ!?

 

だから、そういうの無理だってこんなちっちゃい子に!

塗った液って結構濡れてるよ?これ自然乾燥って何分かかるの!

座ってって、なんで立っちゃダメなの!? ←ダメとは言ってない

 

 

と思ったけど、周りの赤ちゃんは

泣いてる子も泣いてない子も

みんなお母さんにちょこんと抱かれていた。

 

・・・なんで?

 

 

 

多動

アスペルガーにも多動の症状はある。

 

しかしADHD(注意欠陥多動性障害)を併発していなければ、

その多動はADHDのそれとは理由が少し違ってくる。

 

ADHDは衝動性があるけど(何も考えずにぱっと動く)

アスペルガーはそこに明確な意思があることが多い。

 

 

この時私が思ったのは「なぜさくらだけ動くんだろう」ではなく

「なぜ他の赤ちゃんはじっとしてるんだろう」だった。

 

そして出した答えが

 

まだみんな自分で動けることに気付いてないんだな。

それになんだかぽや~んとしてるし。

こんなにいろんなものがあるんだから動きたいと思って当然。

ってことはさくらは賢いんだ。

 

だった。

 

あながち間違ってはないけど、

周りと比べて違うということは、発達も普通と違うということに

この時はまだまったく気づいてなかった。

 

いや、しばらく経っても気づかないんだけどね。

 




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link