見えない何かがいる!?(4ヶ月)


 

さくらはどこへ連れて行っても

家での様子と変わらない赤ちゃんだった。

 

抱っこ紐で揺られるのも好きで、

連れて歩くとだいたいすぐに眠っていたし、

知らない場所へ行っても不安な顔をすることはなかった。

 

週末によく義実家へ連れて行くのだが

誰にでも抱っこされるし、泣くことも少なかった。

 

 

しかしこの日は違った。

 

 

いつも通り、何も変わったことはなく義実家へ行き、

玄関ドアを開けた瞬間だった。

 

「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!」

 

突然火が付いたように泣き出したのだ。

こんなにいきなり大泣きになったことは今までにない。

 

何?どうしたの?どこか痛い?

 

急いで入ってさくらを寝かせ、服やオムツをチェックする。

特にどこも変わった様子はない。

 

なんだろう?

 

家の中にいてもまったく泣き止まないので

気分転換にと思って近くのスーパーに買い物に行っても

私に抱っこされながらずっと泣いている。

 

なんだろう?

 

そのうち泣き止むかなと義実家へ戻ったのだが

おばあちゃんが抱っこしても、今までにない泣きっぷり。

 

げほげほひーひー言うくらい大泣きで

顔なんか涙と鼻水とよだれでぐちょぐちょ。

 

「ちょっとあんた。お腹空いてんねやわ!

静かなところでミルク飲ましておいで!」

 

とおばあちゃんに言われ、ミルクの時間はまだなんだけどな。

と思いつつミルクを作り、2階の夫の部屋でミルクを飲ませる。

 

泣いてはいるけどミルクは飲む。

目にいっぱい涙をためたまま私を見つめてごくごく飲む。

 

そして飲み終わった途端、また泣き始めた。

 

何かしらんけど、ミルクは飲むのね。

 

「あんたが毎日家の中にずーっとおるからやわ。

毎日毎日あんたの顔しか見てへんしな。

もっと外に連れて出たらなあかんで。」

 

とおばあちゃんの非難を浴びつつ

どうやっても泣き止まないので外に連れて出る。

 

義実家の前を抱っこしながらうろうろと歩き回り、

近所のおばちゃんたちに心配されながら

それでもさくらはずっと泣き続けたまま。

 

もうなんで泣いているのか自分でも分かってない感じで

しゃくりあげて息をするのがしんどそう。

 

こんなに泣いているさくらを知らないので

何をどうすればいいのか分からないまま

とにかくいつものように抱いて歩き回るしかない。

 

でもダメ。

お手上げ。

 

結局「みんなでお風呂屋さんに行こう」という予定を変更し、

夕飯もそこそこに家に帰ることにした。

 

さくらは帰りの車の中でもずっと泣いている。

 

どこか具合が悪いんだろうか。

どこか痛いんだろうか。

このまま泣き止まなかったらどうしよう。

 

と不安を抱えながら帰宅。

 

そして自宅の玄関ドアを開けて、家の中に入った瞬間だった。

 

あんなに泣いていたのに、どうやっても泣き止まなかったのに

何事もなかったように、いつも通り愛想を振りまいて

「んきゅー♪」とご機嫌な声。

 

なに!?なんなのいったい!

 

家に帰りたかっただけ!?

 

 

 

何かいる!?

さくらが手が付けられないほど大泣きをしたのは

後にも先にもこの「義実家」だけだった。

 

一週間後に行った時も玄関ドアを開けた瞬間に泣きはじめ

しばらく足が遠のいたほどだ。

 

私はさくらが何かを感じていたんだと思う。

だってあんな「ガチャ うぎゃー!」っておかしいもの。

何かいたんだって。あの頃義実家に。見えない何かが。

 

でも実際何が原因だったのかはいまだに不明。

 

さくらは生まれる前や、生まれた時のことを覚えてるくせに

(この話はまたいつか)

この時のことは覚えてないんだって。

 

真相を知りたかったのにな。

 




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link