キッズスペースから脱走(9ヶ月)


 

さくらもしっかり立てるようになったので、

ベビーカーから降ろした時とか

抱きなおす時にちょっと立ってもらうとか

靴があった方が便利だなと思う場面が増えてきた。

 

というわけで

いざ靴を買いに近所のショッピングセンターへ。

 

そこでキッズスペースが目にとまった。

 

やわらかい素材で全面が敷き詰められていて

ぶつかっても痛くないように柱になにか巻いてあったり

置いてある積み木もやわらかかったり

なんかいたれりつくせり。

 

そろそろこういうところで遊べるんじゃないかな。

 

さくら、遊ぶところだよ。

ちょっと入ってみようか。

 

ベビーカーからおろしてキッズスペースに立たせてみる。

どういう反応するかな。

 

 

じーーーーー

 

 

お。お得意の観察ですか。

初めての場所だもんね。

 

でも特に私にしがみついたりはしていない。

 

そのうち目の前で遊んでいた1歳くらいの女の子が気になり、

近づいたかと思うと持ってるボールを奪った。

 

あ!こら!すみません。ごめんね。

お姉ちゃん使ってたでしょう。はい返して。

 

なんだくれないのかよ。

 

と思ったのかどうなのか、

床に転がっている積み木を拾って遊び始めた。

 

ただすぐ口に入れるのでそれを阻止するのが大変。

べろんとなめるとすぐにハンカチを出して積み木を拭く。

 

ふきふき

 

やっぱりなんでも口に入れる時期って

こういうところよくないかな。

 

だって他のお母さんの視線が気になるんだもの。

 

さくらがしたいことを助ける以前に

私が周りからどう見えてるか、どう思われてるかが気になって

きょどきょどしてしまう。

 

 

そんな私の心中はお構いなしに、

さくらはあっという間にキッズスペースに慣れてしまった。

 

結構広いんだけど、向こうの端っこまでしゃかしゃかと移動して

3歳くらいの飛んだり跳ねたりしてる男の子を追いかけたり

見知らぬおばさんに擦り寄っていったり

 

そのたびに、すいません。ほらこっちおいでって。

とぐるぐる追いかける私。

 

 

なんか想像してたのと違う。

 

このくらいの赤ちゃんってお母さんと一緒に座って

手の届く範囲で遊ぶもんじゃないの?

 

それかお母さんの服を片手で持ちながら

おそるおそる行動するとかさ。

 

 

追いかけるのに疲れたので

人の邪魔になってない時には見守ることにした。

 

なんか距離が遠いけど。

 

わざと私から遠くで遊んでる・・?

 

 

 

なんでさくらは一度も私を見ないで

どんどんどん行っちゃ・・・

 

あ!こら!出ちゃダメ!

 

 

コーナーの囲いを乗り越えて出たよちょっと!

どこに行くんですかー!

 

 

わしっと捕まえてキッズスペースに戻すんだけど

しばらくするとやっぱり外に出てしまう。

 

その空間にいるのがイヤというよりは、

囲い(大人が座るのにちょうどいいベンチになっている)に手をかけて

おもちゃ売り場が目に入ると、そっちに気が向くといった感じ。

 

こんなバタバタしてる親子いないんですけど、

どういうこと?(そういうこと)

 

 

さくらを遊ばせながらゆっくり休憩なんて

夢のまた夢ということが分かったので

早々にベビーカーにつっこんで買い物開始。

 

「んぎーーーー!きーーーー!あーーーー!」

 

え!ベビーカーから降ろせってこと?

 

 

ちょ、これよくない展開。

 

ほらさくら、靴だよ。くっく

どれがいいかな~。ほらこんなのもあるよ~。

ちょっと履いてみようか。お母さんと一緒のくっく♪

 

となんとか靴に気を向けさせた。

 

 

 

でも、靴を履いて歩けるくらいになったら

お母さんの近くにいないといけないって分かるよね。

今はまだ小さいから仕方ないか。

 

と、この時は本気で思っていた。

 

これはまだ序章に過ぎないとも知らず。

 




応援クリックありがとうございます。


今の様子を配信中
メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link