動き回ってご飯を食べない(10ヶ月)


*レオンのご飯を取って食べようとする

 

さくらが自分で動けなかった時の離乳食は

鳥にエサをあげているような感覚で

ひょいぱくひょいぱくと難なく食事ができていたのに

 

立ったり座ったり歩いたり登ったりが

自由自在にできるようになってから

 

ちっともじっとしてない!

 

 

手すりがついている子供用の椅子を

がっしりテーブルにつけているので

自分では下りられないようになっているのに

 

後ろを振り向いたり、立ち上がったり、

変なところに足を突っ込んだり、

椅子の上に正座してみたりと

まったく食事に集中してくれない。

 

自分で食べさせればいいのかなと思っても

お茶碗やすぷんで遊ぶだけで

ご飯はあまり口に入っていかない。

 

「これはごはんだよ。あーんって。

そっちはお魚だよ。おいしいよ。」

 

とやさしく話しかけるのはほんの一瞬で

 

食べるのはご飯なの!

お茶碗じゃなくて!

すぷんも食べない!

 

どこ行くの!

ごちそうさましてないでしょ!

こら!!

 

と怒ってばかり。

 

 

これにほとほと参ったので

さくらの食事中はテレビをつける。

 

ピ!

 

するとテレビをじーっと見てくれるので

その間にほいほいと口に運ぶ。

 

楽だ~

 

 

でもこれは良くない。

分かってるけどこれが一番楽なのよ。

 

ああでもこれは良くないって知ってる。

いやでもこの方が楽なのよ。

 

ああああでも!

 

 

と葛藤しつつ、時々罪悪感が襲ってくるので

そんな時はテレビを消してご飯を食べる。

 

 

前半はなんとか椅子に座らせてあれこれ語り掛け

飽きないように楽しませながら。

 

でも後半は逃げようとするさくらを羽交い絞めに抱っこして

なんとかその場で食べさせる。

 

ダメだ。これしんどい。

テレビつけていいですか。

 

の繰り返し。

 

 

でもさくらは「いらない」とは言わない。

 

すぷんを口に近づけるとあーんと口を開けるし、

おいしい?と聞くとにっこり笑って首をかしげる。

 

「どこかへ行くようなら、ごちそうさまねと声をかけて

すぐに食事を下げるようにしましょう。」

 

と聞くけど、そうするとほとんど食べないまま終わってしまう。

だって帰ってこないんだもの。

 

「もういらないの?もうちょっと食べようよ」

 

と、さっき言ったことと違うことを言ってる自分にも気持ち悪くて

結局「せめて半分は食べて!」と今日も羽交い絞め。

 

 

昼寝もたっぷりするので、おやつで補うこともできず、

必要な栄養をさくらが座っているときだけで食べさせようとすると

かなり無理があった。

 

そんな時はもうミルク。

ミルク飲んでれば大丈夫と自分に言い聞かせて。

 




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link