スロープと階段(1歳4ヶ月)


 

毎日散歩をしにいく遊歩道は

一般道路より一段高くつくられているので

出入り口には階段が数段ある。

 

中にはスロープとセットになっている広い出入口もあって

車椅子や自転車も中に入れるようになっている。

 

この「スロープと階段のセット」がさくらに衝撃を与えたらしい。

 

 

遊歩道からスロープを駆けおりる。

たったかた

 

階段をよいしょよいしょとのぼる。

 

そのまま階段をよいしょよいしょとおりる。

 

スロープを駆けのぼってまたおりてくる。

 

またスロープを駆けのぼったかと思ったら

今度は階段をおりてくる。

 

 

特に規則性はないらしいけど

スロープと階段ののぼりおりを延々と延々と繰り返す。

 

つかまったもよう。

もう離れません。

何かにとりつかれてるみたいです。

 

 

でも、階段を下りたとこは当然普通の道路なので

かなりのスピードでスロープを駆け降りてきて

そのまま外に出ると車にひかれてしまう。

 

スロープと階段だけに集中してくれているなら

その辺によっこら座って見守ればいいんだけど

さくらはいつ何時飛び出すか分からないので

 

階段をおりてくるときは階段の下へ。

スロープをおりてくるときはスロープの下へ

反復横跳びさながら私も忙しい。

 

しかもフェイントまでかけてくる。

 

 

階段を上がって遊歩道へ見えなくなったかと思ったら

勢いよく走っておりてきたりするので、

俊敏性も必要。

 

そう思って待っていると本当に遊歩道を歩いていて

気が付いたらえらい遠くまで行ってしまっていたり。

 

他にも出入り口はあるのでそこまで一人で行って

勢いよく外に飛び出したらと思うと気が気ではない。

 

 

まって!さくら!一人で行かないで!

階段はもういいの?そっちに行くの?

 

と走って追いつくと

くるっと向きを変えてさっきのスロープまで戻ったりする。

 

そうこうしてると階段で転んで足を擦りむいて血が出たり、

下段に落ちてる石を拾おうとして頭から落ちてタンコブ作ったり。
それでも泣かずに笑顔で立ち上がり遊び続ける。

 

強いのか。

にぶいのか。

 

 

そろそろお母さん疲れたんだけど。

そろそろおうち帰ろうよ。

そろそろいいんじゃなかろうか?

 

まだするの?

 

 

この階段とスロープ。

楽しく付き合えるのは30分くらいかな。

 

さすがの私も飽きてくる。

違う遊びしようよって気分になる。

 

 

遊ぶ時間はだいたい午前の1時間~2時間のみ。

この頃になると午前中だけで私の精神力が終わって

午後は家でゆっくりすることが増えていた。

 

 

「外に出ないよ!こっちだよ!ストップ!」

 

って声掛けだけで止まる子って

どうやってしつけてるんだろう?

 

ものすごく怒鳴ったり、叩いたりしてるんだろうなきっと。

そうでないとあんなにぴっと言うこと聞かないよね。

 

と、この時は本気で思っていた。

 

 

健常の子ってお母さんの本気の声を聞き分けて

身の危険を感じ取る能力があるだなんて。

 

普通の子を持つお母さんってなんて楽なの!!

 

と後で知ってびっくりした。

 

 

 

さくらが私の声だけで止まるようになったのは・・・

 

なったのは・・・

 

小学校上がるくらいになってからだったかな。

いや、もっと後かも。

 




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link