社会性がない(1歳8ヶ月)


 

普段はまったく気にしていないのに

レオンがふと目にとまると突撃していくさくら。

 

レオンはさっと逃げることが苦手なので

ほぼすべてのアタックを全身に受けている。

 

抱きつかれてほっぺにキスされたり

くちびるをびろーんとされたり

しっぽに乗られてくつろがれたり

背中を滑り台代わりにされたり

馬のようにまたがられたり。

 

しかもそれがしつこい。

 

 

そのたびに「レオンがかわいそうだよ」とか

「レオンが痛いって言ってるよ」とか言ってはみるけど

にやっと笑ってまったく効果なし。

 

下手をするとよけいひどくなったりするので

結局怖い声で叱りつけることになる。

 

そしてあやまってくるのはレオン。

おまえは悪くないでしょうよ。よしよし

 

 

 

最近のさくらは「怖い声で叱られると一瞬やめる」

という成長を見せるようになった。

 

これは私が怖い声で叱りながら

さくらの手を持って物理的に止めていたので

 

「このまま止めなければ無理矢理やめさせられる」

 

といった危機感からだろう。

 

自分がしていることがいけないと分かっているのではなく、

自分がイヤな思いをしないための知恵だ。

 

 

それは他のやってほしくないことでも一緒で

 

引き出しを開けて危ないものを触るとか

調味料を引っ張り出すとか

戸棚の中のものをひっくりかえすとか

電話をぴっぴっと触るとか。

 

怖い声を出せばその場は止めても

根本的に分かってくれているわけではないので

目を離せばまたすぐに始めてしまう。

 

止められれば止められるほど余計に固執して

結局最後にはさくらの手の届かないところに

移動しなければならなくなったり。

 

それができないものはこっちの声もどんどん大きくなり

さくらの体を持って無理やりやめさせたり

触らせないようにするとまたそれに固執するという悪循環。

 

 

「これは危ないの!もしお口に入ったら大変なの!

これはさくらが遊ぶものじゃないんだよ!」

 

と一生懸命理由を説明してみてもやっぱりまだ通じない。

 

「だからどうした!私はそれを研究したいんだ!」

 

とでも叫びそうな感じで

何がなんでも!と迫ってくる。

 

 

1歳8ヶ月ってもう赤ちゃんじゃないよね。

意思の疎通はできるし。

 

調べてみても

 

「ダメなものははっきり伝えましょう。

伝え続ければそのうち手を出さなくなります」

 

とか書いてあるんだけど、どういうこと?

 

さくらはどれだけ言っても言い続けても

絶対にあきらめないんだけど。

 

しつけってどうやるんだろう。

 

やさしく言い続ければいつかは分かってくれるんだろうか。

 

でもやさしく言い続けることができなくて

すぐに大きな声を出して無理やりやめさせるから

さくらも意固地になってるんだろうか。

 

 

 

と、この時は他の子をまったく知らなかったので

普通よりもちょっと手がかかる子なんだろうな。

 

くらいの認識だった私。

 

でもさくらが大きくなって知り合いが増えて

健常の小さい子を見る機会が多くなってくると

さくらのこの行動はおかしかったんだと分かる。

 

だって普通の子ってお母さんが「あ!」って言うだけで

ぱっと手を引っ込めてお母さんの顔を見るんだもの。

 

特に初めて触るものなんかは、

触る前にお母さんの顔を見たりするんだもの。

 

社会性って本当に生まれながらに持ってるものなんだな。




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link