幼児教室のお誘い(1歳8ヵ月)


 

近くのショッピングモールに買い物に行くと

ベビー用品売り場に妙なブースができていた。

 

風船やきれいな飾り付けで子どもをおびき寄せるその仕掛けは

とても巧妙にできていて、

 

そこに立っているお姉さん2人の笑顔が・・・

 

 

怖い。

 

 

何か分からないけどセールスだろうな。

これは近寄ってはいけ・・・

 

「こんにちは~。今日はママと来たのぉ~?」

「は~い。こっちに来て一緒に遊ぼうか~。」

 

さくらぁぁぁ!

 

あっという間にさくら捕獲される。

目新しいおもちゃで誘うなんて卑怯だぞ!

 

「ママさんいつもどういう遊びされてます?」

「同年代のお友達とかいらっしゃいます?」

 

・・・・ 答えるのもイヤ。

 

「おなまえなんて言うんですか~?」

 

・・・・ さくらです

 

「さくらちゃん!きれいな名前ですね~

年齢教えていただいていいですか~?」

 

・・・・ 1歳と8ヵ月です。

 

1歳8ヵ月っと ←何か書いてる

 

「ほら、さくらちゃんこれ見て?丸はどこかな~?」

 

「まりゅ!」

 

「すごーい!かしこいねぇ~!

じゃぁこっちはどうかな。どこに丸があるかな~?」

 

「まりゅ!」

 

「すごーい!早く見つけられたね!

じゃぁねぇ、今度はこれしてみようか。

型にはめパズルって言うんだよ。

この形はどこに入るかな~?どこかな~?」

 

平たいパズル版のようなものに

○ △ □とくぼみがあって、そこに同じ形を置くというもの。

 

さくらは形を受け取るとすぐにはめた。

 

「すごいね!全部できたね!じゃぁ今度は難しいよ~?

ここにキリンさんと、ぞうさんと、うさぎさんがいます。

よく見ててね。誰かがかくれんぼするよ。

はい!誰が隠れたかな?」

 

「じょーしゃん!」

 

 

「ママさん、さくらちゃん何か早期教育なさってますか?」

 

なにもしてません。

 

「さくらちゃんかなり聡明なお子さんですね!」

 

あーはいはい。セールストークね。

 

「このくらいから5才くらいまでに知能の90%が決定されるんですよ。

何を覚えたかじゃなくて何を経験させたかで決まってくるんです。

さくらちゃんはものごとがよく分かっているので

同年代のお友達の中で刺激を受けると

もっともっと能力が伸びると思うんです。

今ならまだ火曜日に空きがあるのでいかがでしょうか!

少しでもママから離れてお友達と遊ぶ時間も必要になってきますし!」

 

 

今思うとこれ、的を得ていたなと思う。

 

この時この幼児教室に入っていれば

もう少し早く障害が分かったかもしれないし、

こだわりが強くなる前に集団を経験して

幼稚園であんなに問題行動を起こさなかったかもしれない。

 

全て可能性でしかないけど、

自分の好き嫌いだけでさくらの多様性を奪っていたのは確かだ。

 

まぁここで「うぎゃぁぁ!いやだぁぁ!」ってなって

もっと集団が嫌いになってた可能性だって同じだけあるんだけど。

 

 

ただ、この時の私は早期教育にはなんの興味もなかったし、

同年代の子ばかりが集まる空間より、

いろんな年代の子がいるキッズコーナーや

公園の方が断然健康的だと思っていた。

 

これは今でもそう思ってるけど、

それだけじゃなくてもよかったかなとちょっと思う。

 

 

さくらはひとりのお姉さんにがっつりつかまって

次々に出される問題に目を輝かせている。

 

こんなの好きなんだね・・・

 

 

そして私はもう一人のお姉さんにつかまって

ガンガンのセールストークを浴びている。

 

セールストークってマニュアルがあって練習してるのか、

機械がしゃべってるような感じで

内容がほとんど頭に入ってこない。

 

この人本当はこんなこと思ってないんだろうな。

家でイヤなことがあってもニコニコしなきゃいけないし、

興味ないお客の相手(私だ)もしなきゃいけないし、

ストレスすごいだろうな。仕事大変だろうな。

 

なんて思いながら断るきっかけを探っていた。

 

「ママさん!さくらちゃんほんとうに賢いですよ!

本当に今まで何もされてこなかったのなら

今始めるともっともっと伸びます!」

 

あーはいはい。

 

えーっと、それってお金がいるんですよね?

うちはちょっとそういうのは夫に相談しないと・・・

 

 

「では料金のご説明をさせていただきますね!」

 

えっ 毎週1回1時間で月に6500円!?

そのうえ教材費が3万円!?

いやこれはちょっとマジで相談しないと無理。

 

「ではパンフレットを差し上げますのでこちらに記入を」

 

でた。名前と住所!書きませんよ。

ダイレクトメールとかセールス電話とかごめんですから。

 

 

あ!こんな時間やん!

すみません。ちょっと急いでたの忘れてました!

 

ほらさくら行くよ!おばあちゃん待ってるから!

 

まだ嬉々として遊んでるさくらをひょいと抱っこして

一気にその場から離れた。

 

「ばーちゃ?」

 

ごめん。おばあちゃんが待ってるは嘘。

さくらの服見たかったのに今日は無理だな。

 

あー疲れた。

 

 

さくらは「幼児教室」と書かれた風船をもらってご機嫌。

 

教室より春になったら公園に行こう。

カードじゃなくていろんなお花や虫を見よう。

お空の下をたくさん歩こう。




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link