お腹が空いたら食べる?(1歳10ヶ月)


 

なぜかご飯をほとんど食べなくなったさくらが

 

「人のお皿からなら食べる」

 

ことを発見して、毎食私のお皿から

 

「ちょっと食べる~?」とやっていたけど

それもたった数日で効力がなくなってしまった。

 

食べるからってそればっかりやり過ぎたか。

 

 

なんで食べないの?

お腹すいてないの?

 

ミルクやめたらいいのかな。

でも何か口にしないと低血糖になったりしない?

 

ヨーグルトやプリンは食べるけど

毎日毎回そういうものってわけにも・・・

 

どうしたらいいと思う?

 

と義母さんに相談してみると

 

「そんなんお腹すいたらなんでも食べるわ!」

 

という意見。

これみんな言うよね。

 

でも、私は小さい頃食べれないものは食べれなかった。

どんなにお腹が空いていても食べれなかった。

 

お腹が空きすぎるとお腹が空いたという感覚もなくなって

体がだるくなって動きたくなくなって(当たり前だ)

ますます食から遠のいていた気がする。

 

さくらにはそんな風になってほしくない。

 

ご飯を食べなければ生きていけないし、

おいしいものだっていっぱいある。

 

本来食事は楽しいもので、

イヤイヤ、叱られながらするものじゃない。

 

なんとかさくらに楽しく食事をしてもらおうと

あれこれ考えた結果。

 

結局義母さんの案を採用。

 

「食わずにいられないほど腹を減らせ!」

 

に決定。

 

さぁ公園だ。遊べ遊べ走り回るのだ。

服なんか汚れたっていい。

好きな所で好きな事をしまくるのだ。

 

ってやってることはいつもと一緒。

 

でも今日は帰ろうとは絶対に声をかけない。

なんならもっと行こうと誘ってやろう。

 

という意気込みで

とことこ小走りに進んでゆくさくらの後をついてゆくと

 

やっぱり遊具のある場所へ到着。

 

さくらは私の事など振り返りもせず

どんどん遊具の中へ突っ込んでゆく。

 

大きな船の形をしたアスレチックへ登ったり(落ちそうで落ちない)

ジャングルジムに挑戦したり(落ちそうなので引っぺがした)

砂がいっぱい乗っかった斜めの階段を手すりも持たずに下りたり

(案の定、中ほどからごろごろ転げ落ちたけど怪我はなし)

人のおもちゃを勝手に取って遊んだり(貸してって言おうね!)

 

いやまぁまったくよく遊ぶ。

 

いつもならそろそろ帰る時間だけど

もっと向こうの遊歩道にも行ってみようか。

 

さくら行ったことないでしょう。

あっちはお水が流れているところもあるんだよ。

 

ほら行こう行こう。

 

「っちー?」

 

そう。あっち。

 

しかし私が行こうとしていた場所に行く前に

大きな高架の坂道でさくらが止まってしまった。

 

あれ?

 

そしてくるっと反対方向に向いてとことこ

 

え?

 

帰るの?

 

「うん」

 

おお。イヤじゃなくてうんだって。

もう帰るって。

さすがに疲れたか。お腹すいたか。そうかそうか。

 

じゃぁ帰ってご飯食べようか。

お昼はもうとっくに過ぎてるよ。

 

 

そして帰宅。

 

靴を脱いで上着を脱がせたら

とことこベッドへまっしぐら。

 

いや、ちょっと待って!

ご飯!ご飯が先でしょ!

 

お腹空いてるでしょ!?

 

と無理やり引っ張ってきて座らせてはみたけど

眠いんだけど!と凶悪になっているさくらは

不機嫌極まりなく、当然ご飯なんか食べやしない。

 

ああもうどうすれば食べるのー!

 

 

*この時はさすがに低血糖にになるのが怖かったので

フォローアップミルクを飲ませました。

 

この頃はミルクで生きていた気がする・・・




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link