4メートルのハシゴを上る(1歳11ヶ月)


 

さくらは高いところが好きで

棚の上に立ったり、タンスによじ上ったりが普通になっていて

脚立に上るくらいは当たり前で好きにさせていた。

 

ダメだって言うと余計に上るしね。

 

そんなさくらが、

コンクリートのようへきに2つ並べて立てかけてある

高さ4mのハシゴを見つけて

ひょこひょこ上っては下りを繰り返していたので

 

気をつけてねー。

あんまり高く上がったらダメだよー。

 

などと声をかけながら

おばあちゃんの畑の手伝いをしていた。

 

最初は気になるので

ちらちら様子を見てたんだけど、

 

2~3段上っては下りて・・と繰り返しているだけだった。

 

まぁ大丈夫だろうと思ってしばらくほっといて

次に見るとハシゴの中ほどまで上っていた。

 

もうそれ以上はダメだよ!

危ないからね!

 

と言うと素直に下りたので

ちょっと気になりながらもまた畑の手伝いを続ける。

 

そしてその次に見ると

 

 

 

・・・・・! ←怖すぎて声が出ない

 

 

4mの高さのハシゴをてっぺんまで上ってる!

 

お、おりてきてさくら~ ←大声を出すのも怖い

 

でもさくらは笑顔で「いや~♪」だ。

 

 

えっと、これは私が上って抱えて下すのよね?

 

でも私は高いところが大の苦手。

たった3段で足が震える。

 

さくら、おりて。ほら、おりてきてって。

 

 

ハシゴの上には道路があるけど

道路まであと数十センチ届いていない。

 

もし道路に手をかけてしまったら

ハシゴの一番上に足をかけることになる。

 

そうなったらもうハシゴを下りれないはず。

 

 

見かねたおばあちゃんが

「私が行ったるわ」と上ってくれたんだけど

 

「いやいやいやいや!」とさくらのイヤイヤ大爆裂。

ハシゴをつかんで絶対に下りないと言う。

 

おばあちゃんも「これ無理やり抱っこはできひんわ!」

と言う。そりゃそうだ。

 

そうこうしているうちにさくらは更に上に登って

道路に手をかけてしまった。

 

「あかんってこれ!手離されたら落ちたら支えきれへんで!」

 

さくら!下りてって!

お願いだから下りてきて!

 

「いやいやいやいや!」

 

「おりようとさせたらあかんってもう!!」

 

ええええもうこれどうしたらいいの。

 

絶対に下にはおりないんだ!というさくらは

幸い上の道路に手をかけたまま動こうとしなくなったので

おばあちゃんと一緒に落っこちてくる危険はなさそう。

 

ということで、上からさくらを引っ張りあげる事にした。

 

上に回るからさくらを持っといてよ!

 

「はよしてや!」←おばあちゃん

 

ようへきの上まで行くには家の敷地をいったん出て

道路に出てからぐるっと坂道を駆け上るしかない。

 

ぜーぜー

 

さくらは降りれなくなってるわけでも

怖がって泣いてるわけでもないのに

この大人2人の慌てようったら。

 

でも怖くて泣きそう。

おばあちゃんははもう泣いてるかもしれない。

 

なんとか上の道路に回り込み、

さくらを引っ張りあげるのに下を覗くだけでも背中がぞわぞわする。

 

「あんたが落ちたらあかんで!」

 

わかっとるわい!

 

イヤイヤ言ってるさくらの両手をしっかり持って

ずりーっと道路に引きずりあげて瞬時に抱っこ。

 

えんえんえんえんこわかったよう。

 

「ハシゴ横向きにしとくわ!」

 

よろしく。

ああああああ疲れた。心臓止まるってほんとに!

 

道路をぐるっと回って家まで帰って来たさくらは

横向きにされたはしごを見て

 

「たって!たって!」と叫んでいたけど

 

無理に決まってんでしょ!




応援クリックありがとうございます。


今の様子を配信中
メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link