絵本を1日何時間読むのか(3歳3ヶ月)


 

母の家には私がちいさい頃持っていた絵本がある。

それを

 

「これよんで。」

 

と毎日何冊もってくるだろう。

 

朝起きてまだ着替えてないうちから持ってくる。

 

私が顔を洗っていても台所に立っていても

ご飯を食べていても洗い物をしてても持ってくる。

 

洗濯物を干していても取り込んでいても

たたんでしまっていても持ってくる。

 

 

さくらの要求するままにしっかり読んでやればいいんだけど

どうしても「あとで」「ちょっと待って」と言うことが多い。

 

そしてその絵本は私の兄、姪の絵本が相まって

さくらの年齢に合わないものもたくさんある。

 

でもどのジャンルからも持ってくるのだ。

 

 

1冊数分で読める簡単なものなら私も苦にならないんだけど

 

「ブレーメンのおんがくたい」とか

「名犬ラッシー」とか

「青い鳥」とか

 

内容が難しい上に1ページの文字数が多くて話が長いものも

次々と「これよんで」と持ってくる。

 

意味分かってんのかよ!

 

 

でも今日は「持ってきた本は全部読んでやろう!」と決めて

その時間を計ってみた。

 

まず午前中に1時間。少し休憩して15分。

それから午後に1時間。夕方に1時間。お風呂に入る前に10分。

寝る前に10分。

 

延べ3時間半以上!

 

しかしこれでもさくらは満足していない。

 

 

こんなにこんなに読んだのに

(ちゃんと私も楽しみながら読んだぞ。嫌々じゃないぞ。)

 

「さっき読んだでしょ」

「ちょっと休憩させて」

「ご飯食べなきゃ」

「トイレ行ってくるから」

 

と読んでやった以上に断った回数があった。

まったく「持ってきた本全部」にはほど遠かったのだ。

 

お気に入りの本はもっかい!もっかい!攻撃で何十回も。

そして暗唱できる本がどんどん増えてゆく。

そして私も何度も読む絵本は

文字を見なくても読めるまでになってしまう。

 

それだけ読んでも、さくらが絵本から自然に離れていくには

1回1時間以上は読まなければならない。

それも1日に何回も。

 

暗唱できるんだから自分で読めばいいのに

読んで読んでと持ってくる。

私もしかしてDVD化してる?

生身の人間なんですけど。

 

絵本自体は私も好きだからいいんだけど

声が出なくなるしのどが痛くなるのがつらい。

 

 

「これよんで!」

 

ああ!さくらほら!ちょうちょ飛んでるよ!

 

と気をそらすことも多々・・・




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link