幼稚園の個人面談(年少)


 

学期の最後には必ず教育相談という名の個人面談があり

担任の先生と子どものことを色々お話する。

 

バス停のお母さん情報によれば

 

「最後の人は話が長いねん。」

「何かある人がだいたい最後やわ。」

 

ということだった。

 

私が呼ばれたのは最終日の最後。

んもう最後の最後。

何時間でも話が出来ますよってことだ。

 

はははのは

 

さーて今日は何時間お話するのかなー。

(普通は1人15分程度)

 

 

 

で、先生開口一番

 

「幼稚園で何か出来ることはありませんか?」

 

ときたもんだ。

そんなんこっちが知りたいですよ。

 

はっきりとは言わないんだけど

 

「どう指導すればいいのか分からない」

「もうお手上げです」

 

ということらしい。

 

それを教えてもらうために療育センターの予約を取ったけど

受診日はもうちょっと先なんですよすみません。

 

 

 

やさしく誘っても怒っても嫌なことはしないだろうし

交換条件に応じるようなタイプじゃないし

褒めておだてても気分が乗らなければしないし

我慢ってのもみんなに合わせるってのもしないし

先生も大変ですよねー。

 

なんて他人事の私。

 

だって私だって先生に「こうしてください」なんて言えるほど

さくらを意のままに操れてる訳じゃないんだもの。

 

で、毎度のように事細かく

 

「先日こんなことがあって、こうしたんですけどこうなりました。

お家ではそのような時どうされてますか?」

 

とちくいち聞かれ続るんだけど、

それがいまいち的外れというか、

なぜそれをさせようとするのかが分からない。

 

どうすれば靴下と上靴が履けるようになるでしょう?も、

どうすれば制服から体操服に着替えられるでしょう?も、

本人が必要ないと思ってる時点でアウトなんだから

そこを納得できるように説明するしかないのに

 

危ないものが落ちてたら足を怪我するよ。

お友達に踏まれたら痛いよって言うんですけど、

ちゃんと見て歩いてるから大丈夫。

お友達に踏まれても平気って言うんです。

 

ってそりゃその説明じゃそういう返事になるだろうよ。

だって娘は裸足になっていたいんだもの。

 

着替えだって能力はあるんだから

着替える必要性をさくらが納得すればいいだけであって、

運動するときは体操服に着替えるんだよなんて言っても

じゃぁ自由遊びの時は制服だけど

その時にするおにごっこは運動じゃないのかって

至極真っ当な質問だと思うんですが。

 

これを家でどうしてますかと聞かれても

さくらに求めているものが根本的に違うから

どうにもうまく答えを見つけられない。

 

私は怪我するのは自己責任だし裸足でもいいのでは?と思うし、

本当に怪我をして痛ければその時は履くだろうし、

自由遊びの時も体操服の方がいいから

もう体操服登園にしちゃえば?と思うんだもの。

 

なんかこう幼稚園独自のルールに当てはめようとしてるあたりで

そのルール本当に必要なんですか?と聞いてしまう。

 

そうすると先生が「え?」って顔をして

私が納得する答えは返ってこない。

 

だったら幼稚園辞めてくださいと言われるかと言えば

そうはならない不思議。

 

どう見てもどう考えてもこの園の方針にさくらは合ってないのに

それでもどうにかルールに沿わせようとしてる感じ。

 

無理だと思うなぁ・・・

 

と相変わらずなんの解決にもならない話し合い延々。

 

でも先生方はその間にもちょこちょこ褒めるべき事柄を挟み、

粘土細工やクラスでの様子の写真などを見せてもらいつつ1時間半。

 

そしてやっぱり私から席を立つ。

 

 

先生も本当はもっと言いたいことがあるんだろう。

 

はっきり言ってくれないと分かりませんと何度も言ってるけど

どうもオブラートの上からラップを巻いて

さらに風呂敷に入れたような言い方をするから

何が言いたいのかさっぱり分からない。

 

まぁ、来月児童精神科を受診してくるから

その答えを待っていてください。




応援クリックありがとうございます。

現在のあおい家はメルマガにて配信中 → メルマガ登録


この記事に関連する記事一覧

現在のあおい家は
メルマガにて配信中

メルマガ登録


あおいです
私と娘さくら(2003年生まれ)は
アスペルガー症候群
息子いぶき(2012年生まれ)は
グレーゾーン
そんな親子の療育的日常

お問い合わせ

あおい家なう↓


Menu
Category
Archive
Link